on-the-time.jp

2018年03月30日

自動運転中の事故、車の所有者に賠償責任?

未来

なんのための自動運転なのか?
政府は、自動運転を信用していない?

日本経済新聞 電子版は2018年03月30日に、政府は2018年03月30日に、自動運転中の車の事故について、原則として車の所有者に賠償責任を負わせる方針を決めたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

これまでの自動運転(self-driving)を紹介する写真では、運転手がいなかった!

ところが、今回の政府方針では、一般自動車と同じ扱いとする。外部から車のシステムに侵入するハッキングで事故が発生した場合、損害は政府が補償する。自動運転に関する賠償制度の土台が固まり、メーカーが過大な責任を負う懸念が薄れたことで、事業化の動きが加速しそうだが、手放しだが、運転席に座って、いつでも危険な時は対応せきる態勢を保持することになり、これでは昔フィアットで、アクセルを固定した自動運転に後退する。

私は今から約35年前にフィアットで、アクセルを固定した自動運転を利用したことがある。
ものすごく疲れ、ものすごく危険で、1回で使用は中止した。

2018年03月30日の未来投資会議で「自動運転にかかわる制度整備大綱」を示した。

安倍晋三首相は会議で「具体的な法制度整備に着手し、国際的なルール作りを積極的にリードしてほしい」と指示した。2019年にも国会に関連法案を提出するというが、メーカーを保護しすぎである。

運転者は、運を神に祈る以外になくなった!

そういえば、自動車学校で免許を取るときに、犯罪者になるはじめの一歩と言われた。

大綱は自動運転車が普及し始める2020〜2025年に向けて、法整備や規制の方向性を示す内容。自動運転の段階で見ると、運転手が乗った状態で限られた条件で運転を自動化する「レベル3」までが主な対象。

運転席に人が座らない「レベル4」以上は今後検討する。

だったら、「レベル4」以上の画像は掲載禁止にすべきである。

自動運転中の事故の賠償責任は自動車損害賠償責任保険(自賠責)では原則、所有者にあると確認した。一般の自動車と同じ扱いになる。

メーカーの責任は車のシステムに明確な欠陥がある場合のみとする。自賠責に関する方針が定まったことで、民間の任意保険の設計も進む見通しになった。

事故原因の解明のため、運転記録装置の設置を義務付け、位置情報やハンドル操作、自動運転システムの稼働状況などを記録させる。

ハッキングによる事故の賠償は、盗難車による事故被害と同様に政府の救済制度を使う。

さらに、所有者がシステム更新など、セキュリティー対策をしていることが条件になる。

事故の際の刑事責任など、結論を出す時期のメドも立っていない論点も多い。

道路交通に関するジュネーブ条約は、自動車の走行に運転者の関与を前提にしている。

日本の道路交通法も同条約に基づき制定され、自動運転と矛盾する可能性がある。

だが同条約の改正の見通しは立っていない。

メーカーやプログラム開発者に刑事責任を負わせれば事業化の意欲が減退する懸念もある。

人の命と、メーカーやプログラム開発者の責任を切り離した。

自動運転の速度の上限やルート、時間、天候といった条件も重要になる。

自動運転の導入で、停滞が起こった場合は、どうなる?

制御システムの性能やサイバー攻撃への耐性の基準も定める。

政府は今夏に自動運転車の安全性の指針をまとめる予定にしている。

自動車メーカー技術者は、責任がなくなったので「制度の整備は歓迎」と話している。

一方で「刑事責任や道交法改正の議論が薄い」との声もある。

自動運転のテスト走行で、Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)の事故以外にも、結構起こってる。

メーカーは、事故を発表しないで、ユーザーを騙している。

2018-03-18---Uber車両の自動運転で、歩行者はねて殺す!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト