AD SPACE

2018-03-29

IOCバッハ会長、北朝鮮入り。

戦争と平和

AFPは2018年03月29日に、IOC(International Olympic Committee/国際オリンピック委員会)は2018年03月29日に、トーマス・バッハ(Thomas Bach)会長が北朝鮮を訪問していることを認めたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

IOCは声明を発表し、今回の訪問が「(スイスの)ローザンヌ(Lausanne)で2018年01月20日に北朝鮮の国内オリンピック委員会が申し出た招待を受けたもの」で、「IOCの代表団は2018年03月29日に北朝鮮の平壌に到着し、2018年03月31日朝に出発する」と明らかにした。

IOCと北朝鮮の高官らは2018年01月20日に、韓国で先月行われた平昌冬季五輪への北朝鮮の参加について詳細を詰めるべく、ローザンヌで協議を持っていた。

これに先立ち聯合ニュース(Yonhap News)などは、バッハ会長が2018年03月29日午後、北京の空港に姿を現し、北朝鮮の国営航空「高麗航空(Air Koryo)」の平壌行きの便に搭乗したと報じていた。

また聯合ニュースは中国外交筋の話として、「バッハ氏の北朝鮮訪問は平昌冬季オリンピック後のIOCの存在感を高めることが狙いとみられ、国際競技大会における北朝鮮の参加の可能性について協議するものとみられる。」と報じた。

北朝鮮は平昌オリンピックに選手団や応援団、さらには高官を含んだ代表団を派遣し、南北朝鮮の関係改善に向けた劇的な流れのきっかけとなったと伝えている。

しかし、それは全て北朝鮮の金正恩(김정은/Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長のシナリオであった。

行き場をなくした多くの搭乗客が、金正恩投げた縄に捕まって、岸にたどり着いたのであった。

その乗客の中には、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)、トーマス・バッハ(Thomas Bach)会長も居た。
そして、慌てて金正恩が投げた縄に捕まった。

2018-03-26---金正恩、初めて中国を訪れ習近平と会談。
2018-03-10---クリントン、北朝鮮との非核化協議で、「外交リスク」を警告!
2018-03-09---金正恩。韓国特使団へ、「発射ないのでぐっすり寝て」と言った。
2018-03-08---米国政府は、金正恩が要請で、米朝首脳が5月にも会談すると発表。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.