AD SPACE

2018-03-27

現代自動車労組、米国とのFTA再交渉の結果、韓国は「屈辱的」

経済政治

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月29日に、韓国産ピックアップトラックに対する25%の関税撤廃期限を従来の2021年から2041年に延長することが決まったため、韓国の現代自動車の労働組合は2018年03月27日に、韓国と米国の両政府がFTA(Free Trade Agreement/自由貿易協定)の再交渉で大筋合意した内容について、「屈辱的だ」との公式見解を発表したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

現代自動車はこのところの米国市場での販売不振の原因として、「セダン頼み」と「SUV(Sport Utility Vehicle/スポーツタイプ多目的車)のラインアップ不足」を挙げる。

現状打開に向けた対策の1つとして、米国へのピックアップトラック市場への進出を計画していただけに、今回の再交渉の内容に対し労組は失望を隠せない。

労組は声明文で、「ピックアップトラック市場に進出する可能性を事前に防ごうとするドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領の戦略に屈した」と説明している。

一方、韓国の経済新聞「ソウル経済新聞(서울경제/Sedaily)」は、現代自動車が米国のアラバマ工場でのピックアップトラックの製造を決定したと報じた。しかし、現代自動車広報担当者はNNAの取材に対し、「決定していることは何もない」と話した。

ただし、現代自動車労組については、
東亜日報は、「仕事しない労組専任」が500人、現代車労組は逆走中。
アジアン・リポーターズは、凶悪な現代自動車の労組。世襲を要求する韓国の労働組合
産経ニュースは、現代(ヒュンダイ)自動車労組が12年ぶり全面スト突入! 「労働貴族」が韓国経済を蝕んでいる
JNetは、<極端主義>の韓国、労働貴族と呼ばれる現代自労組員年収1000万円時代に
ZUU onlineは、韓国3大自動車メーカー労組がスト? 世論とのギャップ大きい「貴族労組」も
など、あまり評判は良くない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.