gaYa広告

2018年03月26日

NHKで2018年04月以降、AIアナ「ヨミ子」がリポーターとして出演。

未来

毎日新聞は2018年03月26日に、NHKは2018年3月26日に、総合テレビで放送している「ニュースチェック11」(月〜金曜、午後11時15分〜)で2018年04月以降、毎週水曜にAI(Artificial Intelligence/人工知能)で合成音声を読み上げる3DCGを使ったバーチャルな女性の映像アナウンサー「ニュースのヨミ子」をリポーターとして出演させると発表したと報告した。

しかし、これは決して新しいとは呼べない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

イギリスのPA New Mediaは、テレビゲームCyberbabeを参考にして、ミキサーのPosh SpiceとKylie Minogue、TVプレゼンターのCarol Vordermanをミックスした、世界で初めてのCyberbabe Ananovaというバーチャル・アナウンサーを誕生させた。Cyberbabe Ananovaは独身の28歳という設定で、タレントとして携帯電話を利用したニュースなどにも登場することができた。

また、日本テレビもセガと共同で、CGによる漫画風のバーチャル・アナウンサー南雲ひろみ、剣崎涼子、真行寺麗子の3人組「西館8階!日テレばーちゃる女子アナ部」を2000年1月19日にデビューさせたことがある。

数ヶ月間休業していたニュースステーションの久米宏(Hiroshi Kume)が、ニュースキャスターは疲れる職業だといっていたが、バーチャル・ニュースキャスターにはプライベートが存在していない。

また、10年以上「徹子の部屋」に登場し続けている年齢を感じさせない黒柳徹子(Tetsuko Kuroyanagi)も、10年前の番組を見た場合、そこには時間の経過が明確に存在する。

しかし、バーチャル・ニュースキャスターは時間軸による顔の変化、個人的な攻撃による悩みも存在しない。逆に流行の変化にも容易に対応できる。

ニュースキャスターやアナウンサーという職業には、CGなどで作り上げられたバーチャルなキャラクターが適しているのかもしれない。

イギリスのバーチャル・リアリティ・コントロール・システムを開発しているTelevirtual社は2005年10月20日に、Media Laboratoryが世界で初めてartificial speech engineを使った放送局を開設したと報告した。

この開発にはイギリスの一流の科学者解説者とBBCが協力していて、Televirtual社がMETmanを誕生させ、最新版の天気図とテキストベースのデータから天気概況を提供している。

このシステムは人工音声とTTS(Text-to-Speech) engineをカスタマイズして、放送システムの基本を構築し、人間の声はTelevirtual社のボスとテレビのニュース・アナウンサーになりたかった開発者Tim Childの声から作られていた。

それ以前にも、ブリスバーン・タイム(Brisbane Times)は2008年11月05日に、CNNは、米国の大統領選挙でジャーナリストにインタビューするのにスター・ウォーズ-スタイルのホログラムを使用することによって、他を引き抜いたと報告した。

NHKの「ニュースのヨミ子」は、NHK放送技術研究所が蓄積した技術をもとに開発したもので、NHKの地上波放送ではAIで音声を読み上げるアナウンサーは初の試みと伝えた。

キャラクターのデザインは、コップに腰掛ける人気フィギュア「コップのフチ子」で知られるタナカカツキが手がけたという。

若い世代にニュースにより親しんでもらうために採用した。平昌オリンピックでも、同様の技術を活用して自動的に競技の実況をする「ロボット実況」を展開していた。

「ヨミ子」は現在、NHKの女性アナウンサーがニュースを読み上げる音声データから、事故やスポーツなどさまざまなニュースに合わせた読み方を学習しており、地名やアクセントなどの辞典はすでに習得。音声を合成して発話をする機能が中心で、自由に会話する段階にはまだ達していないという。

2018年3月26日に、東京都内であった記者会見で「ヨミ子」が番組で司会を務めるNHKアナウンサーと会話するVTRが公開されたが、まだ会話のアクセントなどはぎこちない。

ネットワーク報道部担当部長の熊田安伸は「『新人』で、まだたどたどしいが、日々学習することで、まずニュースをしっかりと読めるようにしたい。その後に会話などを自由にできるようにさせていきたい。」と話した。

「ヨミ子」はNHKがスマートスピーカーで最新のニュースを提供するサービスにも起用される予定にしている。

また、テレビに出演していないときは「スマホの中に住んでいる」設定で、AR(Augmented Reality/拡張現実)機能を活用したサービスも展開するという。

ゆくゆくはニュース速報などでの利用も考えており、熊田部長は、「深夜の事故などで、自動的にニュースを読み上げることができるようになれば、アナウンサーの仕事の軽減にも役立つのではないか」と期待を寄せる。

また、「AIアナが成長してニュースを読めるようになれば、アナウンサーはよりクリエーティブな仕事に力を注ぐことができ、働き方改革にも役立つ。」と話した。

番組にAIを出演させる試みはTBSラジオなどでも行われている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。