2018年03月21日

角竜類の頭部装飾は、性選択で進化か?

超過去性とメディア

AFPは2018年03月24日に、トリケラトプスなどの角を持つ恐竜が頭部の印象的な装飾を進化させた目的は、自分と同じ種の仲間を認識するためでなく、繁殖相手の気を引くためだった可能性が高いとする研究論文が2018年03月21日に、発表されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1億5000万年前〜6500万年前に生息していた四足歩行の草食恐竜の一分類群、角竜類の複雑な構造をしたフリルと角は、角竜類がお互いを識別し、異種間の交雑を避ける助けになるとこれまで考えられていた。

だが、イギリスのロンドン大学クイーンメアリー校(Queen Mary University of London)などの研究チームは今回、角竜類の装飾は発情した時により役に立った可能性があるとする説を提唱した。

研究チームは、約1500万年の期間に生息していた角竜類46種の頭部装飾の多様性を調査した。

論文の主執筆者で、ロンドン大クイーンメアリー校化学・生物科学科の博士号取得候補者のアンドリュー・ナップ(Andrew Knapp)は、AFPの取材に「今回の調査では、同時期同地域に共存していた種とそうでない種との間で、頭部装飾の多様性に差が認められなかった」と語った。

その代わり、角竜類の頭部装飾が他の身体的特徴に比べてはるかに速いペースで進化したとみられることに、イギリスの学術専門誌「王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された論文の執筆者らは気が付いた。

Patterns of divergence in the morphology of ceratopsian dinosaurs: sympatry is not a driver of ornament evolution
Andrew Knapp1,
Robert J. Knell1,
Andrew A. Farke2,
Mark A. Loewen3 and
David W. E. Hone1
1Queen Mary University of London, London, UK
2Raymond M. Alf Museum of Paleontology, Claremont, CA, USA
3Natural History Museum of Utah, Salt Lake City, UT, USA

Published 21 March 2018.
DOI: 10.1098/rspb.2018.0312

研究チームは、性選択が頭部装飾の急激な変化を後押しする推進力となっていたという「確信をますます高めている」と、アンドリュー・ナップは話す。

「あらゆる基本的な(進化)モデルは、この種の変化が性選択の結果として生じると予測している。性選択では他に抜きんでた者が選ばれ、その特性が(子孫に)伝えられる傾向がある。」

顕著な頭部装飾(通常は雌より雄の方が多く誇示する)を持つ一部の現生種動物とは違って、角竜類の性別を化石から見分けるのは実質的に不可能だと、アンドリュー・ナップは続けた。

「これは角竜類では、装飾の根底にある理由が何であれ、雄と雌の両方に極めて平等に当てはまる、非常に特異な何かが起きていることを意味する」と、アンドリュー・ナップはAFPに語った。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告