2018年03月21日

角竜類の頭部装飾は、性選択で進化か?

超過去

AFPは2018年03月24日に、トリケラトプスなどの角を持つ恐竜が頭部の印象的な装飾を進化させた目的は、自分と同じ種の仲間を認識するためでなく、繁殖相手の気を引くためだった可能性が高いとする研究論文が2018年03月21日に、発表されたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1億5000万年前〜6500万年前に生息していた四足歩行の草食恐竜の一分類群、角竜類の複雑な構造をしたフリルと角は、角竜類がお互いを識別し、異種間の交雑を避ける助けになるとこれまで考えられていた。

だが、イギリスのロンドン大学クイーンメアリー校(Queen Mary University of London)などの研究チームは今回、角竜類の装飾は発情した時により役に立った可能性があるとする説を提唱した。

研究チームは、約1500万年の期間に生息していた角竜類46種の頭部装飾の多様性を調査した。

論文の主執筆者で、ロンドン大クイーンメアリー校化学・生物科学科の博士号取得候補者のアンドリュー・ナップ(Andrew Knapp)は、AFPの取材に「今回の調査では、同時期同地域に共存していた種とそうでない種との間で、頭部装飾の多様性に差が認められなかった」と語った。

その代わり、角竜類の頭部装飾が他の身体的特徴に比べてはるかに速いペースで進化したとみられることに、イギリスの学術専門誌「王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された論文の執筆者らは気が付いた。

Patterns of divergence in the morphology of ceratopsian dinosaurs: sympatry is not a driver of ornament evolution
Andrew Knapp1,
Robert J. Knell1,
Andrew A. Farke2,
Mark A. Loewen3 and
David W. E. Hone1
1Queen Mary University of London, London, UK
2Raymond M. Alf Museum of Paleontology, Claremont, CA, USA
3Natural History Museum of Utah, Salt Lake City, UT, USA

Published 21 March 2018.
DOI: 10.1098/rspb.2018.0312

研究チームは、性選択が頭部装飾の急激な変化を後押しする推進力となっていたという「確信をますます高めている」と、アンドリュー・ナップは話す。

「あらゆる基本的な(進化)モデルは、この種の変化が性選択の結果として生じると予測している。性選択では他に抜きんでた者が選ばれ、その特性が(子孫に)伝えられる傾向がある。」

顕著な頭部装飾(通常は雌より雄の方が多く誇示する)を持つ一部の現生種動物とは違って、角竜類の性別を化石から見分けるのは実質的に不可能だと、アンドリュー・ナップは続けた。

「これは角竜類では、装飾の根底にある理由が何であれ、雄と雌の両方に極めて平等に当てはまる、非常に特異な何かが起きていることを意味する」と、アンドリュー・ナップはAFPに語った。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告