gaYa広告

2018年03月23日

ベトナムのビンファスト、EVなど人気投票結果を発表!

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月23日に、ベトナムの新聞「ダウトゥ(Dau Tu[Vietnam Investment Review])/電子版』は2018年03月23日に、ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループのビングループ(Vingroup)の子会社で、自動車の生産を目指すビンファスト(VINFAST)が実施した、EV(Electric Vehicle/電気自動車)と小型車のデザインに関する人気投票の結果を発表したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ビンファストのこの種の投票は、前回2017年10月のセダンとSUV(Sport Utility Vehicle/スポーツタイプ多目的車)についての投票に次いで2回目で、2018年03月08〜18日にWebサイト上で30万票近くが集まった。

候補はEVが17モデル、小型内燃機関自動車が19モデルの計36モデルで、イタルデザイン(Ital Design)、ワンワンラブ(One One Lab)、ピニンファリーナ(Pininfarina)、トリノ・デザイン(Torino Design)の4社がデザインした。

その結果、EVで一番人気は「IDG EV A」、小型車では「IDG ICE A」で、得票率はそれぞれ22.8%、21%だった。いずれも、イタルデザインによるもので、他の多くの候補同様、フロントグリル上に「V」のエンブレムを配している。投票者のうち、人気車種に投票し、それらの得票率を正しく予想した人にクーポン券などが進呈された。ビンファストは、2019年末までにEVと小型車の生産を始めたい意向だと伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。