on-the-time.jp

2018年03月15日

中国、小型衛星80基打ち上げる衛星IoTプロジェクトに着手。

宇宙未来

AFPは2018年03月22日に、東方新報(东方新报)からの情報として、CASC(China Aerospace Science and Technology Corporation/中国航天科技集团/中国航天科技集団)第四研究院は2018年03月15日に、子会社である中国航天行雲科技(中国航天行云科技)を正式に設立し、衛星IoT(Internet of Things/モノのインターネット)プロジェクトに着手したと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

このプロジェクトでは、衛星IoTとして、衛星通信システムを介して、地域や気候の影響を受けずにインターネットに接続できるシステムとして、80基の小型衛星を打ち上げ、地球全体をカバーすることで、IoTシステムを構築する。

国航天科技集团第四研究院の張鏑(张镝/Zhang Di)副院長は、「現段階で、移動体通信ネットワークは世界の陸地の80%、海洋の95%以上をカバーできていない。しかし、通信衛星によるIoTインフラは、海、島、砂漠などの場所でも通信が可能になる」と話した。

現行の「行雲プロジェクト(行云工程)」は2017年01月、技術検証として試験機が打ち上げられ、軌道に入った。

このような話を聞くと、つい思い出すのは、モトローラ社の「イリジウム計画(IRIDIUM project)」を思い出す。
当時は、衛星の打ち上げ価格が高かった。
また、全部が整う頃には、初期の衛星に劣化が始まった。

そして、当時世界でトップの携帯電話とCPUメーカーであったモトローラ社は、経営に行き詰まった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告