gaYa広告

2018年03月12日

旧石器後期、1万6000年前の墓を発見!

超過去

AFPは2018年03月18日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、中国の広西チワン族自治区(广西壮族自治区/Guangxi Zhuang Autonomous Region)南寧市(南宁市/Nanning)隆安県(隆安县/Long'an)にある娅怀洞(婭怀洞/ahuaidong)遺跡で3年前から発掘を続けていた広西文物保護・考古研究所は2018年03月12日に、約1万6000年前の墓と、完全な形の頭骨を含む化石人骨、1万点以上の石器を発見したと発表したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

1929年に北京(Beijing)で発見された上洞人の墓に次いで、中国では二か所目の旧石器時代の墓となる。

謝光茂研究員によると、鑑定の結果、今回発見された化石人骨は1体の同一人物のものであることがわかった。

中国・嶺南(Lingnan)地区でこれまでに発見された中では唯一、地層の年代が明確で、年齢をほぼ正確に予測できる完全な頭骨を含む化石人骨だった。

後期更新世の現生人類の多様性や移動、交流について、旧石器時代後期の人類の埋葬習慣などの研究に対して、重要な学術的価値があると伝えている。

出土した約1万点の石器は、ナイフやスコップなどの打製石器で、石英岩や隕石などを加工したものだという。

謝光茂研究員は、「これらの石器は、嶺南地区でこれまで発見されてきた石核石器とは対照的だ。この一帯では、薄いかけらが特徴の剥(はく)片石器が使われていたことがわかる。東南アジアの旧石器時代の遺跡からも出土したことがある。」と話した。

婭懐洞遺跡は2014年に発見された。山の上にあり、遺跡の総面積は100平方m以上ある。

2015年06月から発掘を開始し、現在は深さ8mまで発掘が進んでおり、4万4000〜数千年前の埋蔵物が出土している。

広西チワン族自治区(广西壮族自治区/Guangxi Zhuang Autonomous Region)南寧市(南宁市/Nanning)隆安県(隆安县/Long'an)の緯度、経度
23°09'57.7"N 107°41'46.2"E

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告