2018-03-15

Trustonic、韓国のモバイル認証を押し上げる。

犯罪と裁判研究調査モバイル・マネー戦争と平和

Mobile World Liveは2018年03月15日、韓国のモバイルの金融サービスの認証を簡素化し、改善するために、KFTC(Korea Financial Telecommunications and Clearings Institute/韓国金融テレコミュニケーション開拓地研究所)と組んだ、ソフトバンクに所有されている子会社によって支援されているモバイルの警備会社Trustonicはステートメントで、安全なデジタルのOTP(one-time password/ワンタイムパスワード)サービスを発展させることについてKTFCを補助するために、ソフトウェア会社Miraeテクノロジー(Mirae Technology)と働くと言ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

KFTCのOTPサービスは、KDB銀行のため統合され、また、貸方、トレーダー、および保険会社を含む韓国の他の金融機関のエンドユーザーに利用可能で、それは合計の2000万人の人々がアクセス可能である。

システムは、OTPジェネレータが、TrustonicのAPIを用いると、機器のハードウェアに固定されることを保証するために、「ユーザー経験を同様にするより速く、より豊かである 」と、会社は言った。
システムは、ソフトウェア保護された2番目のファクターautenthicationに比べて、増大したセキュリティレベルも提供すると、それは付け加えた。

それらが認証トークンを欠くので、Trustonic CEOベン・ケード(Ben Cade)は人々がしばしばトランザクションを完成することができない強調した。

「これは、けれども数年前にできなかった時に、さらに、容認できるシナリオであった。」
「現在世界的な15億を超える機器に埋め込まれた私達のテクノロジーで、これのようなサービスは、セキュリティとスピードも増大させる間、ユーザー経験を簡素化し、豊かにすることができる。」と、彼は言った。

最近の5年の間、Trustonicは、TSP(Trustonic Secured Platform)を数十億の機器に埋め込むために、送受器メーカーと働いた。と、彼は、追加して言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE