2018-03-15

NEC、アジア11カ所結ぶ海底ケーブルを受注。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月16日に、NECは2018年03月15日に、アジア地域の11カ所を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注したと発表した。

受注先は、KDDIやシンガポール通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)など8社から成るコンソーシアム(企業連合)。

受注額は明らかにしていない。2020年の完成を見込む。

[AD] You can advertise on this site.

今回請け負ったのは、日本、韓国、中国、台湾、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジアの9カ国・地域を結ぶ「SJC2(SouthEast Asia-Japan cable2/サウスイースト・アジア―ジャパン・ケーブル2)」。日本と台湾は各2カ所、他の7カ国・地域は各1カ所で接続される。

SJC2の総延長は1万500kmで、1波長当たり毎秒100ギガビット(Gbps)の光波長多重伝送方式を採用。最大設計容量は毎秒144テラビット(Tbps)となる。

受注先のコンソーシアムにはほかに、中国移動通信(中国移動、チャイナ・モバイル)の香港子会社チャイナ・モバイル・インターナショナル(Chinese mobile international)、台湾の中華電信(Chunghwa Telecom)、カンボジアのチュアン・ウェイ(Chuan Wei)、米国のフェイスブック(Facebook)、韓国のSKブロードバンド(SK broadband)、VNPT(Vietnam Posts and Telecommunications Group/ベトナム郵政通信グループ)が名を連ねる。

NECは2011年04月12日に、日本、中国、香港、シンガポール、フィリピン、ブルネイを接続する光海底ケーブル「SJC(South-East Asia Japan Cable)」を米国のティー・イー・サブコム(TE SubCom)と共同で受注し、敷設を開始した。
「SJC」には、台湾、ベトナム、カンボジアが含まれていなかった。

SJCは2013年06月27日にに運用が開始されている。

NECによると、既存のSJCに加えてSJC2を敷設することで、東南アジア・東アジア間の通信需要の拡大に対応し、広い帯域幅が必要なIoT(Internet of Things/モノ・インターネット)などの導入による各国のデジタル化、イノベーション(技術革新)の促進に貢献すると期待されていると伝えている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.