2018年03月15日

NEC、アジア11カ所結ぶ海底ケーブルを受注。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月16日に、NECは2018年03月15日に、アジア地域の11カ所を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注したと発表した。

受注先は、KDDIやシンガポール通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)など8社から成るコンソーシアム(企業連合)。

受注額は明らかにしていない。2020年の完成を見込む。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

今回請け負ったのは、日本、韓国、中国、台湾、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジアの9カ国・地域を結ぶ「SJC2(SouthEast Asia-Japan cable2/サウスイースト・アジア―ジャパン・ケーブル2)」。日本と台湾は各2カ所、他の7カ国・地域は各1カ所で接続される。

SJC2の総延長は1万500kmで、1波長当たり毎秒100ギガビット(Gbps)の光波長多重伝送方式を採用。最大設計容量は毎秒144テラビット(Tbps)となる。

受注先のコンソーシアムにはほかに、中国移動通信(中国移動、チャイナ・モバイル)の香港子会社チャイナ・モバイル・インターナショナル(Chinese mobile international)、台湾の中華電信(Chunghwa Telecom)、カンボジアのチュアン・ウェイ(Chuan Wei)、米国のフェイスブック(Facebook)、韓国のSKブロードバンド(SK broadband)、VNPT(Vietnam Posts and Telecommunications Group/ベトナム郵政通信グループ)が名を連ねる。

NECは2011年04月12日に、日本、中国、香港、シンガポール、フィリピン、ブルネイを接続する光海底ケーブル「SJC(South-East Asia Japan Cable)」を米国のティー・イー・サブコム(TE SubCom)と共同で受注し、敷設を開始した。
「SJC」には、台湾、ベトナム、カンボジアが含まれていなかった。

SJCは2013年06月27日にに運用が開始されている。

NECによると、既存のSJCに加えてSJC2を敷設することで、東南アジア・東アジア間の通信需要の拡大に対応し、広い帯域幅が必要なIoT(Internet of Things/モノ・インターネット)などの導入による各国のデジタル化、イノベーション(技術革新)の促進に貢献すると期待されていると伝えている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。