on-the-time.jp

2018年03月15日

韓国のサムスン電子、イメージセンサーでソニーを抜く!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月16日に、電子新聞は2018年03月15日に、韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)がイメージセンサー(image sensor)の生産を2倍に拡大し、業界首位のソニーを抜いてシェアトップを目指すと伝えたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

スマートフォンにデュアルカメラが採択されたことや、自動車へのカメラ搭載が増えていることから、「目の役割」を担うイメージセンサーの需要が拡大している。

サムスン電子は現在、京畿道竜仁市の器興工場(Giheung-gu/삼성전자 기흥사업장)と華城工場(Hwaseong/삼성전자 화성사업장)で、ウエハーサイズが200ミリと300ミリのイメージセンサーをそれぞれ生産している。報道によると、売り上げアップに向け、1,300万画素以上のイメージセンサー生産に特化した300ミリ生産設備が必要だと判断したもよう。

サムスン電子は、華城工場のDRAM用13ラインを年内にイメージセンサー用に転換するという。DRAMを生産していた11ラインも昨年からイメージセンサー用への転換作業を行っている。一方、器興工場の200ミリ生産量は減らす計画のようだ。

昨年末基準で、サムスン電子のイメージセンサーの月産量は300ミリウエハー基準で4万5,000枚水準。11ラインと13ラインの転換が完了すれば12万枚となる。

イメージセンサーの生産拡大により、DRAM供給量は調整される。イメージセンサーの売り上げ拡大と、DRAMの供給調整による利益維持が見込まれている。

三星電子 器興事業場(삼성전자 기흥사업장)
031-209-7114
京畿道 龍仁市 器興区 農書洞 山24
(器興区 三星路 1)
37°13'44.34"N,127° 4'50.00"E

三星電子 華城事業場(삼성전자 화성사업장)
031-209-7114
京畿道 華城市 半月洞 山16
(華城市 三星電子路 1)
37°13'22.08"N,127° 3'53.65"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告