gaYa広告

2018年03月08日

2017年の大麻摘発。少年は過去最多297人で41.4%増!

犯罪と裁判

毎日新聞は2018年03月08日に、警察庁は2018年03月08日に、2017年に大麻事件で摘発(逮捕・書類送検)した14〜19歳の少年は前年比41.4%増の297人だったと発表した。

これは、統計を取り始めた1989年以降で過去最多だった1994年に並んだ。

4年連続で増えており、2013年の5倍を超えている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

警察庁によると、内訳は有職少年が155人と最も多く、無職少年67人、高校生53人▽大学生10人と続いた。

2013年の摘発と比べると、覚醒剤は26.6%減、シンナーは71.9%減となっており、大麻の増加が際立った。

担当者は「危険ドラッグの規制が進み、大麻が増えた可能性がある。大麻をきっかけに他の薬物を始める若者も多く、警戒を強めたい」と話している。

大麻の場合は、自宅や庭で栽培することで、入手が容易だときいたことがあり、ほかの覚醒剤は売買で危険性を感じるのかもしれない。

一方、警察庁は2018年03月08日に、虐待の疑いがあるとして、全国の警察が2017年に児童相談所へ通告した18歳未満の子どもは、前年比20.7%増の6万5431人だったことも明らかにした。統計を取り始めた2004年から13年連続で増加しており、過去最多を更新した。

最近は、児童虐待は大罪だが、そのまんま東の場合のように、警察が事件として扱わなかったことなど、犯罪意識が低すぎたことも考えられる。

通告の内訳をみると、「心理的虐待」が4万6439人で全体の7割を超えた。

このうち3万85人は子どもの前で家族に暴力をふるう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」だった。

このほか、「身体的虐待」1万2343人
食事を与えないなどの「ネグレクト(育児怠慢・拒否)」6398人
「性的虐待」251人だった。

また、2017年に事件化した虐待の被害者は1168人(男子580人、女子588人)で、保護者ら1176人を摘発した。

被害者のうち死亡した子どもは前年比9人減の58人。容疑別の内訳では殺人が32件、傷害致死が11件だったと伝えている。

そういえば、昨日警察庁生活安全局から、電話があった。

何も悪いことをしていなくても、警察庁からの電話はびっくりする!
どうもキャンペーン中のようだ。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。