gaYa広告

2018年03月08日

超モダンなチェスセット!

アート戦争と平和

ArtDailyは2018年03月09日に、アーティストのレイチェル・ホワイトレッド(Rachel Whiteread)が製作した「Modern Chess Set」とタイトルがつけられた超モダンなチェスセットを紹介した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この作品は、ワシントンDCのアートの中の女性の国立博物館(National Museum of Women in the Arts in Washington, DC)で、2018年03月08日に見ることができた。

昔のチェスは、兵隊や騎士などの戦争ですが、それはあくまで男の世界。現代の女性の戦争は家庭の中にある。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。