2018年03月05日

台湾の原能会、第2原発2号機の再稼働を承認。

調査研究未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年03月06日に、台湾で、唯一の国営通信社などがである「中央通訊社(Central News Agency/中央通信社)」は2018年03月05日に、台湾の行政院(内閣)原子能委員会(原能会)は2018年03月05日に、公営の台湾電力(台電)が申請していた第二核能発電廠(第2原発 核二)2号機の再稼働申請の審査結果について、再稼働を承認すると発表したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

今後、立法院(国会)に報告し、早ければ3月中旬にも稼働を再開する見通しとなったと伝えた。

新北市万里区にある第2原発2号機は1983年03月に商業運転を始め、2023年には運転期限の40年を迎える。

現在、同社の原発施設は第一核能発電廠(第1原発 核一)の1、2号機と第2原発2号機が停止した状態となっている。

第2原発2号機は2016年05月の大規模改修後の再稼働時に設備が緊急停止するトラブルが発生した。台電は原能会に状況を報告した後、改修計画を再提出し、2017年12月に改修工事を完了。2018年02月05日に原能会に再稼働を申請していた。

原能会は、「約1カ月間にわたり、原子力の安全性、放射線の影響、放射性廃棄物の管理といった3項目について審査を行った。同時に現場で設備のメンテナンス体制などの検査を進め、再稼働に問題はないと判断した。」と説明した。

台電のスポークスマン徐造華は、「承認後、動作の安全確認を行い、約5日後には発電作業を再開、9日後には発電量が満載になる」とコメントした。

第2原発2号機は出力98万5,000キロワットで、順調に稼働すれば、電力供給予備率は約3%上昇し、行政院が求める今年の目標値である6.8%の達成は可能とみられる。

新北市万里区にある第2原発2号機の緯度、経度
25°12'9.72"N,121°39'45.30"E

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告