on-the-time.jp

2018年02月26日

アフリカゾウ現生2種。古代種のように異種交配はなかった。

超過去自然

AFPは2018年02月27日に、古代のゾウやマンモスは、交雑と遺伝子の変化を経て新しい生息地や気候への適応を行ってきたが、アフリカに生息する現生2種では、このような異種交配はみられないという研究論文が2018年02月26日に、発表されたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この研究では、マンモス、マストドン、ゾウのゲノムを対象に調べた。

その結果によると、アフリカのサバンナゾウとマルミミゾウの間では、過去50万年にわたり交配した形跡は見られなかったという。

ヒグマとホッキョクグマ、スマトラオラウータンとボルネオオラウータンなど、多くの近縁種は交配することが知られているが、500万年前から1000万年前のアフリカにその起源を遡るとされるゾウでは、これまでその異種交配について分かっていなかった。

研究では、アメリカマストドン、真っ直ぐな牙を持つ12万年前のゾウ、コロンビアンマンモス、それにアフリカおよびアジアに現存するゾウのものを含む、14のサンプルを対象にゲノム解析を行った。研究論文がPNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/米国科学アカデミー紀要)に掲載された。

A comprehensive genomic history of extinct and living elephants
Eleftheria Palkopouloua,b,1,
Mark Lipsona,
Swapan Mallicka,b,
Svend Nielsenc,
Nadin Rohlanda,
Sina Balekad,
Emil Karpinskie,f,g,h,
Atma M. Ivancevici,
Thu-Hien Toi,
R. Daniel Kortschaki,
Joy M. Raisoni,
Zhipeng Qui,
Tat-Jun Chinj,
Kurt W. Altk,l,m,
Stefan Claessonn,
Love Daléno,
Ross D. E. MacPheep,
Harald Mellerq,
Alfred L. Rocar,s,
Oliver A. Rydert,
David Heimanb,
Sarah Youngb,
Matthew Breenu,
Christina Williamsu,
Bronwen L. Akenv,w,
Magali Ruffierv,w,
Elinor Karlssonb,x,
Jeremy Johnsonb,
Federica Di Palmay,
Jessica Alfoldib,
David L. Adelsoni,
Thomas Mailundc,
Kasper Munchc,
Kerstin Lindblad-Tohb,z,2,
Michael Hofreiterd,2,
Hendrik Poinare,f,g,h,2, and
David Reicha,b,aa,1,2

aDepartment of Genetics, Harvard Medical School, Boston, MA 02115;
bBroad Institute of MIT and Harvard, Cambridge, MA 02142;
cBioinformatics Research Centre, Aarhus University, DK-8000 Aarhus, Denmark;
dUnit of General Zoology–Evolutionary Adaptive Genomics, Institute of Biochemistry and Biology, Faculty of Mathematics and Life Sciences, University of Potsdam, 14476 Potsdam, Germany;
eMcMaster Ancient DNA Centre, Department of Anthropology, McMaster University, Hamilton, ON L8S 4L9, Canada;
fDepartment of Biology, McMaster University, Hamilton, ON L8S 4K1, Canada;
gDepartment of Biochemistry, McMaster University, Hamilton, ON L8S 4L8, Canada;
hThe Michael G. DeGroote Institute for Infectious Disease Research, McMaster University, Hamilton, ON L8S 4L8, Canada;
iDepartment of Genetics and Evolution, School of Biological Sciences, The University of Adelaide, Adelaide, 5005 SA, Australia;
jSchool of Computer Science, The University of Adelaide, 5005 SA, Australia;
kCenter of Natural and Cultural Human History, Danube Private University, A-3500 Krems, Austria;
lDepartment of Biomedical Engineering, University Hospital Basel, University of Basel, CH-4123 Basel, Switzerland;
mIntegrative Prehistory and Archaeological Science, University of Basel, CH-4055 Basel, Switzerland;
nInstitute of Maritime History, Tall Timbers, MD 20690;
oDepartment of Bioinformatics and Genetics, Swedish Museum of Natural History, SE-10405 Stockholm, Sweden;
pDivision of Vertebrate Zoology/Mammalogy, American Museum of Natural History, New York, NY 10024;
qState Office for Heritage Management and Archaeology, 06114 Halle (Saale), Germany;
rDepartment of Animal Sciences, University of Illinois at Urbana–Champaign, Urbana, IL 61801;
sInstitute for Genomic Biology, University of Illinois at Urbana–Champaign, Urbana, IL 61801;
tInstitute for Conservation Research, San Diego Zoo, Escondido, CA 92027;
uDepartment of Molecular Biomedical Sciences, College of Veterinary Medicine, North Carolina State University, Raleigh, NC 27607;
vEuropean Molecular Biology Laboratory, European Bioinformatics Institute, Hinxton, CB10 1SD Cambridge, United Kingdom;
wWellcome Sanger Institute, Hinxton, CB10 1SD Cambridge, United Kingdom;
xProgram in Bioinformatics and Integrative Biology, University of Massachusetts Medical School, Worcester, MA 01655;
yEarlham Institute, NR4 7UZ Norwich, United Kingdom;
zScience for Life Laboratory, Department of Medical Biochemistry and Microbiology, Uppsala University, 751 23 Uppsala, Sweden;
aaHoward Hughes Medical Institute, Harvard Medical School, Boston, MA 02115
Edited by David M. Hillis, The University of Texas at Austin, Austin, TX, and approved January 24, 2018 (received for review November 24, 2017)

PNAS 2018; published ahead of print February 26, 2018, https://doi.org/10.1073/pnas.1720554115

真っ直ぐな牙を持つ絶滅種は、その頭蓋骨の形と歯の大きさの類似性から、これまでアジアゾウのグループに属すると考えられてきた。しかし、その詳細については長きにわたり謎に包まれていた。

だが、米ハーバード大学メディカルスクール(Harvard University Medical School)のエレフセリア・パルコプル(Eleftheria Palkopoulou)博士研究員らによる研究論文によると、この真っ直ぐな牙を持つゾウは、「古代のアフリカゾウ、マンモス、現存するマルミミゾウに由来する遺伝的組成を持つ」種であったことが分かったという。

論文は、今回の遺伝子研究によって「古代の異種間で大規模な交配があったことが明らかになり、またその進化の過程において基本的な役割を担っていたことも分かった」と述べている。

その一方で、アフリカのマルミミゾウとサバンナゾウの間では異種交配を示す遺伝子的証拠は示されず、「すぐ近くで生息しているにもかかわらず、過去50万年間、ほぼ完全に隔離されていたことを示唆している」とされた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。