gaYa広告

2018年02月26日

シャープ、ベトナムのTTCのメガソーラー建設を受注。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月27日に、シャープは2018年02月26日に、ベトナムの複合企業TTC(Thanh Thanh Cong/タインタインコン)グループ傘下のGEC(Gia Lai Hydropower Joint Stock Company/ザーライ電力)が中部トゥアティエンフエ(Tỉnh Thừa Thiên-Huế/省承天)省で計画していた、出力約48メガワット(MW)の太陽光発電所の建設を受注し、2018年02月23日に調印したと発表した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2018年02月内に着工し、2018年09月に運転を開始する予定で、年間の予測発電量は約6万1,570メガワット時(MWh)で、約3万2,628世帯分に相当する。削減できる温室効果ガスは年約2万503トンを想定している。

シャープは今回の受注を契機に、ベトナム各地での太陽光発電所の設置を積極的に提案していくと意気込みを表明している。

TTCグループの最高経営責任者(CEO)タイ・バン・チュエン(Thai Van Chuyen)は2017年、US$10億(約1,070億円)を投じて、中部〜南部の6省に20案件、計1,000MWの太陽光発電設備を設ける計画を明らかにしていた。

1MW当たりの投資額は最大200億ドン(US$880万)が上限とされていた。
TTCの計画では、ザーライ省(Tỉnh Gia Lai/省嘉萊)が49MW、タイニン省(Tỉnh Tây Ninh/省西寧)が324MW、ビントゥアン省(Tỉnh Bình Thuận/省平順)が300MW、ニントゥアン省(Tỉnh Ninh Thuận/省寧順)が300MWなどとなっている。

私は以前、太陽光発パネルの発電効率を調べた時、見た目は同じでもシャープのパネルが最高の発電能力であった。

その結果をいうと、多くの売り込みに来た太陽光発パネルの会社は、すぐに調べてみると言って、2度と来なかった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。