2018年02月23日

川崎重工、タイのオレンジライン向け掘進機3機を受注。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月26日に、川崎重工業は2018年02月23日に、タイの首都バンコク(Bangkok)で開通予定のMRT(首都圏鉄道)「オレンジライン(Orange line)」のトンネル掘削工事向けに、シールド堀進機3機を受注したと発表したと報告した。

シールド堀進機の設計・製作・海上輸送などを担当する。
2019年02月から08月にかけて順次納入する予定。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

オレンジラインの建設工事を手掛ける地場のゼネコン大手チョーカンチャン(CH. Karnchang)、Sino-Thai Engineering and Construction、Italian-Thai Development、Unique Engineering and Constructionなどで構成される共同事業体、CKSTジョイント・ベンチャー(CKST joint venture)から受注した。

オレンジラインの第1期工事イーストセクションに投入され、E01工区(約4.2km)とE02工区(約2km)の各上下線、合計12.3kmを掘削する。工事は2021年に完了を予定している。

このシールド堀進機は、バンコクの軟弱な地盤に有効な泥土圧式。地下水圧を保持した状態で掘削土を排出できるスクリューコンベヤーを採用するなど、工区特性に適した仕様となっている。

川崎重工はタイでオレンジライン向けのほか、地下鉄「ブルーライン」向けなどに計19機、日本国内外で約1,400機のシールド掘進機やTBM(Tunnel Boring Machines)の受注実績がある。

例えば、ドーバー海峡のCTRL(Channel Tunnel Rail Link)にも採用されている。

これは大きな一種のロボットで、川崎重工はこの分野で世界一だろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。