on-the-time.jp

2018年02月20日

電解コンデンサーなしで、寿命5倍のLED電源を開発。

未来調査研究

日本経済新聞 電子版と日刊工業新聞のニュースイッチは2018年02月20日に、創業50年のプリント基板のパイオニア川崎市の信夫設計(shinobu sekkei)は、電解コンデンサーを使わない長寿命の発光ダイオード(LED)照明用電源「永久電源」を開発したと報告した。

一般的なLED向け電源の約5倍に当たる20万時間以上の耐久性を実現する。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

電源の設置・交換に高所作業車が必要なトンネルや街路灯などでの利用を想定する。2020年までに7億2000万円の売上高を目指すことを計画している。

「永久電源」はコイル、フィルムコンデンサー、制御IC(集積回路)のみで構成され、部品点数が少なく、壊れにくい。
同製品は特許出願中の「マトリクス電源方式」を採用する。

通常、フィルムコンデンサーは電気をためる容量が小さいためフリッカー(ちらつき)が出やすいが、同方式はフィルムコンデンサーを基板上に何個も分割して配置することで、容量の小ささを補う。

一般的にLED照明電源は、交流から直流に変換するため電解コンデンサーを使用している。
電解コンデンサーは容量が大きいが、電池のような構造のため熱に弱く、液漏れなどが生じて電源の故障につながっていた。

水銀灯(200―400ワット)の置き換えや工場など高温度下での利用も期待する。50―100個の小ロットの需要には信夫設計で対応するが、量産品の場合は部品を提供していくという考えだという。

信夫設計はプリント基板の設計を専業とするファブレス企業で、携帯電話や人工衛星などの基盤を手がけている。

開発した電源は、川崎信用金庫(川崎市川崎区)のマッチングにより、小杉若葉通り会(同中原区)が管理する商店街の街路灯での採用が決まっていると伝えている。

LEDだからと言う売り込みで、水銀灯との明確な違いと、価格バランスも解説しないで、量販店などで詐欺のような口先販売もあり、注意が必要になってきている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告