2018-02-23

重光昭夫のロッテHD株の株式保有率が4%に!

人物

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月26日に、韓国ロッテグループの中核企業であるホテルロッテは2018年02月23日に、辛東彬(신동빈/辛东彬/日本名:重光昭夫)グループ会長による日本のロッテホールディングス(HD)の株式保有率が1.38%から4.00%に上昇したと発表した。

辛東彬は、個人としては最大の株主となった。

[AD] You can advertise on this site.

ホテルロッテ株の大半を保有するロッテHDに対する支配力を強める狙いがある。

辛東彬は、ロッテHDの副会長を兼任しているが、2018年02月21日に開催された臨時取締役会で辛東彬から代表権を外すと決定した。

ソウル中央地裁が朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪で、辛東彬に懲役2年6月の実刑判決を言い渡したことに伴う措置である。

ロッテHDの代表権をめぐり、辛東彬と争った、兄の辛東主(신동주/辛东主/日本名:重光宏之/1954 - )の巻き返しが予想されているが、辛東彬が株式保有率で宏之氏(1.62%)を上回ることで、辛東主の動きを封じる狙いがあるとみられる。

非上場のロッテHDは、重光家の資産管理会社である光潤社が、筆頭株主として3割強の株式(議決権ベース)を保有している。

2017-12-22---ロッテ会長に、背任や横領の一部認定し、有罪判決。
2017-10-01---ロッテの持ち株会社、重光昭夫会長が代表に就任。
2017-06-24---ロッテ創業者94歳の重光武雄が取締役退任。
2017-03-19---朴前大統領の収賄疑惑で、ロッテ免税店社長を参考人聴取。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE