AD SPACE

2018-02-23

香港取引所で、4月後半に種類株の上場解禁。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月26日に、HKEX(Hong Kong Exchanges/香港取引所)の李小加(Charles Li/チャールズ・リー/1961 - )CEO(最高経営責任者)は2018年02月23日に、議決権種類株式(1株当たりの議決権に差をつけた株式/別名デュアル・クラス・ストック/Dual Class stock)での上場解禁を盛り込んだ上場規制の改正を4月後半に前倒しできると明らかにしたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

香港の新聞「明報」は2018年02月24日に、先月は6月になるとの見通しを示していたと伝えた。

李CEOは「われわれは長い間この改革案について協議しており、多くの事柄がすでに合意に達している。通常2カ月間としている意見公募(パブリックコメント)は必要なく、手続きをスピードアップできる。」との見方を示した。

HKEXは2018年02月23日に、種類株上場を認める上場ルールの改正案について、意見公募を開始した。2018年03月23日まで受け付け、2018年04月後半に結果をまとめる。

HKEXは「結果を発表し、新ルールを導入次第、上場申請を正式に受理する。」としている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.