gaYa広告

2018年02月22日

米国のアップル、コバルトの直接購入検討。

未来経済

日本経済新聞 電子版は2018年02月22日に、米国の米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」などが、米国のアップル(Apple)が電池に使うレアメタル(希少金属)のコバルトの長期・直接購入に向け、採掘会社と交渉をしていることが分かったと伝えていると報告した。

レアメタルのコバルト(cobalt)はリチウムイオン2次電池に不可欠で、最近は自動車各社がEV(Electric Vehicle/電気自動車)の普及を見据えて購入を増やしている。

巨大企業による「コバルト争奪戦」は、市況にも影響を及ぼしそうだと分析している。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

実は、iPhoneやiPadの初期市場獲得の裏には、バッテリーの寿命が大きく影響していた。
そのことを知っていれば、当然の動きと言える。

うちの息子も、アップルがバッテリーに強い理由が、ノートパソコン開発時にバテリー問題に直面した歴史があると話したら、それまで購入していたスマートフォンから、iPhoneに変更した。

しかし、冷静に考えると、少し過激気味で、単に投資とも取られかねないだろう。

年間数千メトリックトンに及ぶコバルトを、5年かそれ以上の契約で調達できないか採掘会社と交渉しているという。

どの地域の鉱山を想定しているかなどは明らかにしていない。

アップルはスマートフォンやタブレット型端末、腕時計型端末にリチウムイオン電池を採用し、コバルトの消費量でも世界有数の企業とされる。

これまでコバルトの確保は電池を供給するメーカーに任せてきたが、自前の調達に戦略を転換した可能性がある。

背景にあるのが自動車業界で急激に進むEV(Electric Vehicle/電気自動車)やハイブリッドカー対応である。

EVもリチウムイオン電池を使っており、量産には大量のコバルトが必要になる。

ドイツのBMWやVW(Volkswagen/フォルクスワーゲン)は安定調達に向けて採掘会社と協議しているもようで、米国のテスラ(Tesla)も囲い込みを急いでいるとされる。

大企業同士の囲い込み競争は市況にも反映されており、国際指標となるロンドン市場のスポット(随時契約)価格は15年の3倍以上となる1ポンド35ドル前後で推移している。仮にアップルが争奪戦に加われば、価格はさらに跳ね上がる可能性がある。

また、コバルトの確保には政治や人道上のリスクがついて回る。

世界のコバルトの3分の2以上はコンゴ民主共和国が供給しているが、同国は政治不安による人道危機が国連で指摘されている。鉱山での児童労働問題も国際的な批判を浴びている。

コンゴは、内紛をするより、今は金儲けをすべきである。コンゴは従来裕福な国である。

ドイツの大学には、多くのコンゴからの学生が来ていた。

また、この革新に、東南アジアの各国も手を上げ始めている。

ただし、コバルトは扱いが悪いと火を噴く!高度な技術と政治力が必要である。

2018-02-14---インドの「オート・エキスポ2018」、来場者は60万人超え。
2018-02-09---北欧の新興EVメーカー、インドで2020年に第1弾モデル投入!
2018-02-08---韓国の起亜自動車、インドのオートショーに16モデルを出展。
2018-02-07---ドイツのベンツ、2年以内にインドネシアで電気自動車を生産。
2018-01-31---日本と中国の中小企業シンポ、技術革新で連携。
2018-01-23---EVで、オーストラリアの自動車生産、復活か!?
2018-01-22---旧ガリバー、オーストラリアで新車販売を拡大、最大手目指す!
2018-01-17---ノルウェーの短距離航空便、2040年までに完全電動化を目標。
2018-01-16---台湾の威剛が、電気モーター開発。
2018-01-15---三菱自動車、EV普及へベトナム商工省と共同研究。
2018-01-08---韓国の現代自動車、燃料電池車の次世代車を初公開。
2017-12-27---中国のエコカー免税、2020年まで3年間延長。
2017-12-12---シンガポールの「ブルーSG」、EVカーシェアを開始。
2017-12-06---インドのタタ・モーターズ、公用車向けにEV第1弾の生産開始!
2017-12-01---テスラの世界最大の蓄電施設、正式に稼働開始。
2017-11-23---中国、2020年の目標前倒し、エコバス20万台達成!
2017-11-20---三菱モーターズ、ベトナムでEV初納入!
2017-11-17---日立、広州に電気自動車用モーター製販会社を設立。
2017-10-27---マカオのカジノ6社、EV仕様のシャトルバス導入。
2017-10-23---米国のテスラ、上海に世界最大級充電ステーションを開設。
2017-10-16---日系4社による企業連合、マレーシアで超高速充電「EVバス」の実証開始。
2017-10-16---タイのAJアドバンス・テクノロジーは、EV子会社を設立。
2017-10-05---パナソニック、オーストラリアの資源企業とリチウム供給契約!
2017-10-03---日立金属、軟磁性材料の生産を3倍に増強。
2017-09-27---フランスのボロレ、シンガポールでEVカーシェアを12月に開始。
2017-09-26---運輸業のエコカー普及!2020年に60万台を目標。
2017-09-09---中国、「ガソリン車の販売停止の計画」策定に着手!
2017-08-31---インドネシアは国産電気自動車普及に向け、部品の輸入関税を5%!
2017-08-15---インド政府、EV1万台の調達で国際入札!
2017-08-04---トヨタとマツダが資本提携により、EV開発競争が過熱!
2017-07-28---素人が作ったアメ車「テスラの量産型新EV」売れるか?
2017-07-28---テスラは、量産型の新型EV「モデル3」を納車。
2017-07-20---フィリピンで、ジプニー5千台の電動化。
2017-07-07---テスラ、オーストラリア南部に世界最大のリチウムイオン蓄電施設建設。
2017-06-08---ホンダ、EV専用車を開発。
2017-06-03---トヨタとテスラ、協力から競争に変わっていた。
2017-06-02---中国で、エコカー生産の認可続々!
2017-05-30---マツダ、電気や水素ロータリーエンジン開発中!?
2017-05-17---旭化成が自動車メーカー?
2017-05-10--アルミ対炭素繊維の素材間競争が激化!?
2017-05-10---世界初の電気自動貨物船の就航計画。
2017-04-18---京大初の和製テスラ電動スーパーカー、4,000万円。
2017-04-10---米国のテスラ、一時時価総額でGM抜いた。
2017-02-07---電気自動車なら、モーターということで日立自動車。
2016-10-09---高価なレアメタルを回避したマグネシウムイオン電池で実用化へ!
2016-09-20---中国研究チームが、電気自動車テスラ「モデルS」をハッキング!
2016-06-05---ノルウェーは、2025年までに、ガソリン車を完全に禁止!?
2016-04-10---フランスの原発跡地に、EV工場?
2016-03-18---クロアチアの起業家が生んだ電動スーパーカーに、世界が絶賛。
2016-01-22---アップル・カー・プロジェクト。
2015-11-04---未来は、ここにある。
2015-10-22---ついに、ロンドン・タクシーも電化!

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。