2018-02-15

イギリスの家電大手ダイソン、インドのデリーに1号店開設。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月19日に、イギリスの家電大手ダイソンは2018年02月15日に、インドの首都ニューデリーに1号店をデリーのショッピングモール「DLFプロムナード」で開業したと報告した。

近く西部マハラシュトラ州ムンバイ(मुंबई/Mumbai)や南部カルナタカ州バンガロール(ಬೆಂಗಳೂರು/Bangalore/ベンガルール)にも店舗を設置し、向こう5年で20店舗体制を築くと、地元各紙が使えている。

主力の掃除機やヘアドライヤー、空気清浄機、羽のない扇風機を販売する。
自社のオンラインサイトや米系オンライン通販アマゾンでも売り出す。向こう5年で、インドに£1億5,000万(約225億円)を投じる計画だという。

ダイソンは2017年09月、インド商工省から単一ブランドの直営店開設でFDI(Foreign Direct Investment/海外直接投資)の承認を受けた。今後は販売量に応じて現地生産やR&D(Research and development/研究開発)施設の設置も検討する。

同社は先に、2020年までにEV(Electric Vehicle/電気自動車)を開発する計画を打ち出しており、インドでも発売する方針という。

ダイソンは、掃除機など、他とは少し違う、特殊な家電製品が多く、利益率も高いのだろうが、逆にダイソン以外の製品は売れないということだろうか?

現に、私は、ダイソンの製品を買ったことがない。