2018-02-15

オーストラリアの貝礁、事実上すべて消滅。

自然研究調査

AFPは2018年02月15日に、カキ礁やイガイ礁など、オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅したとする研究結果が2018年02月15日に、発表された。

オーストラリアの海洋生態系の中でも貝礁が最大の危機に立たされたとして、研究者らは貝礁再生のため、さらなる資金援助を求めている。

近年、オーストラリアにおけるサンゴ礁の減少が世界的な注目を集めているが、米科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された研究論文によると、イギリスが入植を開始した230年前以降、貝礁の90〜99%が消滅したことが分かったという。

Australian shellfish ecosystems: Past distribution, current status and future direction
Chris L. Gillies ,
Ian M. McLeod,
Heidi K. Alleway,
Peter Cook,
Christine Crawford,
Colin Creighton,
Ben Diggles,
John Ford,
Paul Hamer,
Gideon Heller-Wagner,
Emma Lebrault,
Agnès Le Port,
Kylie Russell,
Marcus Sheaves,
Bryn Warnock

Published: February 14, 2018

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0190914

たくさんのカキやイガイが寄り集まって形成される貝礁は、熱帯性気候と温帯性気候の地域両方の湾や河口、沿岸などで発生していた。貝礁は複雑な生体構造で、さまざまな無脊椎動物や魚に餌や生息地を提供するとともに、水質の改善や海岸線の保護にも寄与している。

研究を主導した自然保護団体ネイチャー・コンサーバンシー(Nature Conservancy)の海洋担当責任者で、研究主任のクリス・ジリーズ(Chris Gillies)は「世界中で貝礁の状態が良くないことはすでに分かっていたことで、全体の85%が消滅、もしくは深刻な劣化を招いている、」と指摘した。

さらに「われわれの研究によってオーストラリアの重要な海洋生息地の状況が特にひどいことが判明している。ロックオイスターは10%以下、ヒラガキは1%以下の生息地しか残っていない」と明らかにした。

研究者らは貝礁の劣化が、蓄積されていた炭素の放出の一因となり、気候変動の激化や暴風雨襲来の頻発化、海面上昇、海洋の酸性化など沿岸部のリスクを高めていると指摘している。

一方で、貝礁の減少につながる脅威を除去すれば、貝礁の再生も可能だとし、貝礁生態系の機能や価値についての啓発の重要性と、再生プロジェクトへの資金提供を訴えている。