gaYa広告

2018年02月13日

中国、世界最大で、アジア初の無人船試験場建設に着手。

未来

AFPは2018年02月14日に、国営新華社(Xinhua)通信が2018年02月13日に、中国は、係争水域の南シナ海(South China Sea)に面した港の沖合で、無人船(Unmanned Ships)航行技術の試験場建設に着手したと報告した。

新華社通信によれば、試験場はマカオに接する中国南部の港湾都市珠海(Zhuhai)沖に建設されている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

無人の「自律航行」技術はまだ黎明(れいめい)期にあるが、実用化されれば、軍用・民用を問わず船を遠隔操作できるようになる。

また、無人船では貨物用のスペースをより広く取れる上、巨額の人件費を削減できるため、運輸業界に革命をもたらす可能性もある。

珠海の無人船試験場の総面積は約770平方kmで、完成すれば世界最大になるとみられるほか、同種の施設としてはアジア初となる。

EU(European Union/欧州連合)や米国では既にさまざまな無人船開発計画が存在する。またノルウェーは2018年に、電動の自律航行貨物船を世界で初めて進水させることを予定している。

中国はこの分野で追い上げを図っており、河川輸送や島しょ部への物資運搬に用いる独自の自律航行船「筋斗雲(Jindouyun)」を年内に進水させることを計画している。

もし、笹川良一が存命なら、最初に名乗りを上げただろう。

中国南部の港湾都市珠海(Zhuhai)の緯度、経度
22°16'37.0"N 113°34'04.0"E
または、
22.276944, 113.567778

2016-09-02---無人飛行機、自動運転車、ついに無人貨物船!?

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告