gaYa広告

2018年02月14日

量子コンピューター進化の先、仮想通貨も丸裸になるか?

未来

日本経済新聞 電子版は2018年02月14日に、ネット・IT コラム(テクノロジー) 科学&新技術として、量子コンピューターの魅力について報告してきた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

量子コンピューターの魅力は、その高い演算性能にある。数値は様々だが、これまでのコンピューターと比べ、桁違いの性能が出るといわれている。「量子コンピューターは従来型スパコンの9000兆倍の性能が得られる」「量子コンピューターが実用化すると、現在の暗号技術は瓦解する」などだ。もしそうなれば、例えばオンラインバンキングや電子取引でやり取りされている情報は丸裸になってしまう。暗号解析に必要な計算の量によって安全性を担保している現在の仮想通貨は、ほぼすべて使えなくなる可能性すらあると巻頭で書いてきた。

仮想通貨は、ほぼすべて使えなくなる可能性すらあるというが、その時に、さらに悲惨なのは、オンラインバンキングや電子取引でやり取りされている情報で、仮想通貨は、多分唯一追従できる技術革新をするだろう。

そして、その技術をオンラインバンキングや電子取引でやり取りされている情報に採用することになるだろう。
そうでなければ、人類は技術革新という自滅型進化になる。

私は、IBMでコンピュータ年表を作り、NTTデータで情報通信を作ったことがある。

そして、マルチメディア・インターネット辞典を作り、さらに情報のTime Machineを作り始めて10年が過ぎたが、その間に何度も限界という言葉を聞いた。

そして、それをかわしてきた。

たしかに、量子コンピューターの開発競争が過熱しているが、これまでのものを全て壊すような開発にはならないだろう。

少し心配なのは、
2017年05月に、IBMによる「商用向け量子コンピューター『IBM Q』のプロトタイプを開発」を発表。
2017年04月に、Googleによる「49量子ビットのチップを年内に開発」を宣言。
2017年10月に、Intelによる「17量子ビットのテストチップを開発」を発表。
と、いつも暴走気味で、破壊的な米国が中心ということである。

その社会から、ドロップアウトした人がもの凄く多く、仮想通貨の世界に生きている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。