2018年02月10日

グラブ・ベトナムの配車アプリ「Grab」の累計赤字、3年余りで約1兆ドン。

経済.モバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月13日に、ベトナムの 国営経済新聞「トイバオキンテー」の電子版は2018年02月10日に、配車アプリ「Grab(グラブ)」を運営するグラブ・ベトナムは、2014年02月〜17年10月の期間の累計赤字が9,380億ドン(US$4,130万米/約44億8,810万円)に上っていると言っていると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

これは税務総局が明らかにしたもので、同期間の売上高は1兆7,550億ドン、納税額は1,423億ドンだった。10日付が報じた。

「Grab」の代表によると、事業開始から数年間は、売上金(登録運転手から徴収する手数料)をブランド構築や研究開発などに再投資したため、純損失が生じたという。

3兆6,000億ドンを海外に送金したとのハノイタクシー協会の告発については、「まったく根拠がない」と否定した。

「Grab」は「グラブカー」「グラブタクシー」「グラブバイク」の3種類のサービスを提供している。

全ての取引が自動管理システムに記録されており、2017年01月から毎月税務当局にデータを提出しているという。

ベトナムの交通運輸省は、GrabTaxiのベトナム現地法人グラブベトナム(Grab Vietnam)社に対して、北中部沿岸地方トゥアティエン・フエ省および南中部高原地方ラムドン省、東南部地方バリア・ブンタウ省の3省で新たに展開中のタクシー配車アプリ「GrabTaxi(グラブタクシー)」のサービスを停止するよう求めている。

しかし、「GrabTaxi」はチャーター車両配車サービス「グラブカー(GrabCar)」とは別のサービスで、政令第52号/2013/ND-CPに従い全国をカバーする電子商取引(eコマース=EC)のサービスとして商工省に登録しているため、交通運輸省の指摘は不適切と主張している。

「GrabTaxi」は、交通運輸省が所管する電子契約によるチャーター車両配車サービス試験導入プログラムのもとで認可を得ている地方以外ではチャーター車両配車サービス「GrabCar」を展開しておらず、法律を厳守していることを強調している。

経営は、成り立っているのか?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。