2018年02月12日

日本から、フィリピンのセブに20台のパトカー無償供与。

政治経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月13日に、PNP(Philippine National Police/フィリピン国家警察)は2018年02月12日に、セブ市の第7管区本部で、日本政府からのパトカー20台の引き渡し式を実施したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

日本からフィリピンへのパトカー100台の無償供与の一環で、三菱自動車の中型SUV(Sport Utility Vehicleスポーツタイプ多目的車)『パジェロスポーツ(Pajero Sports)』(現地名『モンテロスポーツ(Montero Sports)』)が贈られた。

日本政府は、パトカーを含むテロ対策・治安改善用機材(総額5億円)を供与する。モンテロ・スポーツ」のパトカーは、第1弾として2017年11月に40台をマニラ首都圏の主要警察署向け、第2弾として2018年01月にミンダナオ地方のダバオ市警察に26台がそれぞれ贈られた。三菱自動車の現地法人によると、ミンダナオ地方サンボアンガ向けの1台を合わせ、計87台を双日が供給した。

このほか、日産自動車のバン「NV350アーバン」が13台供与される。

式典は、2018年02月12日午後3時からの予定だったが、ドゥテルテ大統領の到着が2時間以上遅れたため、記念の鍵の引き渡しのみとなった。

大統領は先月のダバオでの引き渡し式では、スピーチで謝意を表明していた。

安倍晋三首相は、2017年からの5年間で官民による1兆円規模の支援を表明しており、パトカーなどの供与はその一環となる。

その1兆円規模の支援は、結果として、業績が悪く、税金を払わない三菱自動車などの企業に流れる。

これを昔から、日本式資本共産主義と呼んでいた。

大手なら、国が助けてくれるという、独立性のない企業に変貌し、そこが組織票で政治家を選ぶ。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。