gaYa広告

2018年02月12日

楽観的すぎるトランプ政権の2019年度予算教書?!

経済調査研究

日本経済新聞 電子版は2018年02月13日に、トランプ米政権は2018年02月12日に、2019会計年度(18年10月〜19年9月)の予算教書(A budget message in fiscal year 2019)を議会に提出したと報告した。

予算教書自体は、21ページのメモ程度のものである。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

Agency: DEPARTMENT OF AGRICULTURE
Additional Amount: $192,000,000

Agency: DEPARTMENT OF DEFENSE Defense
Additional Base Amount: $20,000,000,000
OCO Amount: -$20,000,000,000
Additional Amount (net): $0

Agency: DEPARTMENT OF EDUCATION
Additional Amount: $3,325,000,000

Agency: DEPARTMENT OF ENERGY
Additional Amount: $1,533,000,000

Agency: DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES
Additional Amount: $15,811,000,000

Agency: DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES
Additional Amount: $11,194,000,000

Agency: DEPARTMENT OF HOMELAND SECURITY
Additional Amount: $1,491,000,000

Agency:DEPARTMENT OF HOUSING AND URBAN DEVELOPMENT
Additional Amount: $2,000,000,000

Agency: DEPARTMENT OF THE INTERIOR Interior
Additional Amount: $339,000,000

Agency: DEPARTMENT OF JUSTICE
Offsets Removed: $12,491,000,000

Agency: DEPARTMENT OF LABOR
Additional Amount: $1,456,000,000

Agency: DEPARTMENT OF STATE AND OTHER INTERNATIONAL PROGRAMS
Additional Amount: $1,500,000,000

Agency: DEPARTMENT OF STATE AND OTHER INTERNATIONAL PROGRAMS
Additional Base Amount: $12,318,532,000
OCO Amount: -$12,318,532,000
Remaining OCO: -$301,200,000
Additional Amount (net): $0

Agency: DEPARTMENT OF TRANSPORTATION
Additional Amount: $300,000,000

Agency: DEPARTMENT OF VETERANS AFFAIRS
Additional Amount: $2,400,000,000

Agency: ENVIRONMENTAL PROTECTION AGENCY
Additional Amount:$724,000,000

Agency: NATIONAL AERONAUTICS AND SPACE ADMINISTRATION
Additional Amount: $300,000,000

Agency: NATIONAL SCIENCE FOUNDATION
Additional Amount: $2,204,000,000

Agency: Subcommittee: VARIOUS
Offsets Removed: $5,237,000,000
このようにデータを書き出したら、データの持ち方と、どこを修正し、辻褄を合わせようとしたかが良くわかった。

確かに、楽観的すぎる。

大型減税で歳入が頭打ちになる一方、国防費や公共事業費の積み増しで歳出が膨張。

財政赤字はUS$9840億(約107兆円)と、7年ぶりの水準に悪化すると見込んだ。

社会保障給付の圧縮などで財政赤字を段階削減するとしたが、楽観的な試算に不安が残ると伝えている。

米国大統領の税財政方針を示す予算教書は、施政方針である一般教書、経済情勢判断を説明する大統領経済報告と並ぶ「三大教書」の一つで、税財政は上下両院に立案・決定権があるため予算教書に強制力はないが、議会審議のたたき台となる。

予算教書でトランプ政権は、2019会計年度の歳出を前年度比5%増のUS$4兆4070億と提案した。
米国議会が決めた2年でUS$3千億という歳出引き上げを一部織り込み、国防費の大幅増額を盛り込んだ。

米国国防総省の発表によると、歳出膨張の主要因である国防費は前年度比7%増(要求ベース)のUS$6170億(約67兆円)で、中国やロシア、北朝鮮の脅威増大を背景に、核兵器を含めた軍備の近代化を図る狙いで、別枠の「国外作戦経費」(戦費)としてUS$690億ドルを要求した。インフラ投資にも連邦政府予算を10年間でUS$2千億拠出する。

米国の産業は、戦争!?
これで足らない部分を日本、韓国や台湾などの海外に要求しないことを祈る。

されに、軍艦や戦闘機、爆撃機の出撃のたびに請求書が届く!
基地の維持費も届く!

それでは、米国のスポンサーが、日本、韓国や台湾などになり、米国が舞台のダンサーになる。
トランプ大統領が、サウジアラビアで膨大な武器を売った時、露払いは北朝鮮の血が流れるソフトバンクの孫正義だったことを忘れないでほしい。

2019年度は歳入の伸びが2%台にとどまるため、財政赤字は大幅に膨らむとと予測されている。

国内総生産(GDP)比でみた財政赤字は2019年度に4.7%に達し、2012年度(6.8%)以来の水準に悪化する。リーマン・ショックの影響を除けば1986年度(4.9%)以来で財政悪化は深刻である。

しかし、日本も歳入不足で、財政赤字は大幅に膨らみ、爆発寸前である。

ただ、20年度以降は歳出削減で財政赤字が縮小すると予測した。生活保護や高齢者向け医療費などの社会保障費を削減するほか、学生ローンの見直しで教育関連予算も圧縮。歳出入を10年間で合計4兆ドル超も改善させる。財政赤字は28年度にはGDP費1.1%まで縮小すると主張した。

もっとも、米国の場合は、2019年の経済成長率を3.2%と高めに見積もるなど、試算には甘さも残る。CBO(Congressional Budget Office/米国議会予算局)は、米国経済の潜在成長率を1.8%を分析するが、予算教書では減税効果などで2018年から24年まで3.0〜3.2%の成長が続くと試算した。減税後も高めの税収確保を見込んでいる。

2018年02月05日のトランプ・バブルがはじける前に作ったものだろう。
1週間で株時価総額5兆ドル消失した後に出せるのだろうか?

歳出削減計画も楽観的で、歳出のうち社会保障給付を除く「裁量的経費」は全体の3割を占める。
そのうち公共事業費などの「非国防費」は年間予算を10年後に3割強も減らすとした。

予算US$1ドルあたりUS¢2を圧縮する「2ペニー計画(2 Penny Plan」で無駄遣いをなくすというが、実現できるか見通せない。

金融市場を揺さぶる長期金利は、2018年平均で2.6%、2019年も3.1%と見込んだ。

FRB(Federal Reserve Board/米国連邦準備理事会)の利上げ観測などで、長期金利は2.8%に達しており、市場では2019年末には3.5%を上回るとの見方が浮かんでいる。

それだけ、返済は厳しくなる。

2018-02-10---投資マネーが逆回転し、1週間で株時価総額5兆ドル消失!
2018-02-08---ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領による自滅バブル(Bubble economy)
2018-02-07---トランプ大統領Twitterで、株価下落「大間違い」と不満を送信!
2018-02-05---米国株、急落!ダウは史上最大の下げ幅US$1,175安!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。