gaYa広告

2018年02月08日

インドネシアのガルーダ航空子会社に、初の四つ星!

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年02月12日に、インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア(Garuda Indonesia)航空傘下のLCC(Lightbridge Communications Corporation/格安航空会社)シティリンク・インドネシア(Citilink Indonesia)は2018年02月08日に、イギリス航空サービス調査会社スカイトラックス(Skytrax)から四つ星の評価を受けたと発表した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

アジア域内のLCCが四つ星評価を受けるのは初めてで、世界では3番目という。

シティリンク・インドネシアは2017年、国内5路線、海外1路線を就航。乗客数は2012年の280万人から毎年増えており、2017年は1,260万人に達した。

現在は32都市に乗り入れており、毎日268便以上が運航している。

インドネシアのビスニス・インドネシア(Bisnis Indonesia)は2018年02月09日は、シティリンクの最高経営責任者(CEO)ジュリアンドラ(Juliandra Nurtjahjo)は、今後、マレーシアのペナン、タイのバンコク、シンガポールへの就航を計画、中国路線の開設も検討していると述べたと伝えている。

ここまでLCCと、少し不安である。
大きな事故に巻き込まれて、倒産が続出するのではないだろうか?
パイロットの質は、かなり落ちていることだろう。

添乗員は、美人が多い。

さらに上の五つ星はブータンだった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト