AD SPACE

2018-01-25

IIJ、金融機関と組んで、デジタル通貨を一元管理する仕組みを作る。

モバイル・マネー銀行

日本経済新聞 電子版は2018年01月25日に、IIJ(Internet Initiative Japan/インターネットイニシアティブ)は2018年01月25日に、デジタル通貨の交換や決済を手がける新会社「ディーカレット(DeCurret Inc.)」を2018年01月10日設立し、金融機関などと組み、顧客が複数のデジタル通貨を送金・決済できるしくみを作ると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

契約者が開設する口座の中で、Bitcoinのような仮想通貨から大手銀が発行を検討している法定通貨と連動するものまで扱えるようにする。

特性が異なる複数の電子マネーを網羅的に取り扱うことで、利便性の向上をねらう。

新会社「ディーカレット」のIIJ持分比率35%。

新会社「ディーカレット」は、各出資会社と事業連携しながら、新たな社会インフラとしてデジタル通貨取引のスタンダードとなるサービスの提供を目指すことになる。

具体的なサービスとして、2018年度下期から順次、ウォレットを通じた「デジタル通貨交換サービス」、「デジタル通貨を利用した決済サービス」を開始する。

仮想通貨をはじめ、銀行が独自に発行するデジタル通貨など多数のデジタル通貨を利用して、24時間365日リアルタイムでの取引・交換、ECサイトや実店舗での決済、電子マネー・モバイル決済サービスへのチャージを可能にする。

さらに、デジタル通貨をインターネット上で安全に保管・管理することにより、現金で起こりうる紛失や盗難といったリスクを排除する。

出資企業
株式会社インターネットイニシアティブ
野村ホールディングス株式会社
伊藤忠商事株式会社
東日本旅客鉄道株式会社
株式会社QTnet
株式会社ビックカメラ
株式会社ケイ・オプティコム
三井住友海上火災保険株式会社
SOMPOホールディングス株式会社
株式会社三井住友銀行
第一生命保険株式会社
三井不動産株式会社
株式会社大和証券グループ本社
株式会社三菱東京UFJ銀行
東京海上日動火災保険株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
日本生命保険相互会社
株式会社 電通
出資検討中の企業
ヤマトホールディングス株式会社

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE