2018年01月18日

香港で、超狭小物件の居住者、20万人を突破。

人物

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月22日に、香港の経済新聞「香港経済日報(香港經濟日報網)」などが2018年01月18日に香港政府統計処(Census and Statistics Department)が2018年01月18日に発表したレポートで、マンションやアパートなどの一室を間仕切りした超狭小物件に住む市民の数が20万9,700人に達したと明らかにした。前回調査の2015年から約5%増えたと伝えたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

世帯数は約9万1,800世帯で、1物件当たりの居住者は平均2.3人。年齢別では25歳以下が28.4%、25〜44歳が39.4%で、65歳以上の高齢者は8.2%だった。

1人当たりの平均居住面積は56.5平方フィート(約5平方m、中央値)で、香港全域の平均161.6平方フィートのわずか3割程度にとどまった。公営住宅の基準(75平方フィート)も下回った。1物件当たりの平均賃料はHK$4,500(約6万4,000円)で、前回調査からHK$300増えた。

超狭小物件の数は9万2,700物件で、2015年から約4%増加。地域別では油尖旺区(油麻地、尖沙咀、旺角地区)が最多の2万1,500物件。深水埗区は1万5,400物件、九龍城区は9,000物件だった。

香港大学社会事業・社会行政学部の葉兆輝(Paul Yip/YIP Siu Fai, Paul/ポール・イップ)教授は「一部の超狭小物件は劣悪な環境。子どもは部屋が狭いことで勉強も遊びも制限され、通気性が悪く病気にもかかりやすい」と説明した。政府はこうした超狭小物件に住む子どもがいる世帯を優先的に公営住宅に移すなどの対策が必要だと強調した。

しかし、日本も親子四人が、小さな家を買って、我が家の城と喜んでいる。
親子3世代がベニヤ板とホチキス、ガムテープでできた家に住んでいる。

それでいて、昔は高かった売れないベンツやBMWに乗っている。

そして、金になるなら、なんでもやるという。

実際しているのもヤクザか、詐欺師のようだ。

2018-01-05---大富豪の李嘉誠、「今年の香港住宅市況は安定」
2017-12-11---香港の中環の高級オフィス賃料、2年連続世界1位。
2017-11-20---香港島のピークの豪邸、またアジア最高額で成約!
2017-11-20---香港人の海外不動産投資、今年は2.2倍に!
2017-10-31---香港の住宅価格、11カ月連続で過去最高更新!
2017-10-23---香港の大手旅行会社、那覇のホテル用地買収!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト