on-the-time.jp

2018年01月18日

G20で、ドイツとフランスが仮想通貨の規制を提案?

教育オンライン・ショップ健康観光アート経済政治スポーツ宗教音楽自然ファッション戦争と平和性とメディア

朝日新聞デジタルは2018年01月20日に、仮想通貨「Bitcoin」で規制強化の動きが相次いでいる。
金融緩和であふれたマネーが投機的な取引に流れ、過熱ぶりに中国や韓国が規制強化に動いて相場急落につながった。

2018年01月18日に、ドイツとフランスの経済閣僚が共同で記者会見し、「Bitcoin」の国際規制を呼びかけた。
価格の乱高下が続いていることを踏まえ、取引リスクを分析し、2018年03月にアルゼンチンであるG20財務相・中央銀行総裁会議に規制案を提案するという。

主要国でも「Bitcoin」の取引リスクへの懸念が出ており、2018年03月の主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議ではドイツとフランスが国際的な規制を提案し、議論される見通しだと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

自由のない、鶴の一声国家中国の全面禁止命令は、確かに下落したが、その後さらに加速した。

韓国の全面禁止提案は、くすぶっている。

しかし、根本的な間違いは、何が大暴落の原因かということで、誰も話していないことである。

そして、規制を大声で訴えている権力者やマスメディアは、仮想通貨をほとんど実体験していない人で、仮想通貨は詐欺師でなければ、価値が、宝くじやパチンコ、賭博のように「0」にはならないということである。

詐欺はどの世界にもいるので、それは捕まえ、犯罪として罰すれば済むことである。

とくに、韓国の全面禁止提案で、大暴落はほとんど起こっていない。
そのあとの大暴落は、ヘッジファンドの先物買い攻撃によるもので、それを混在させて一つにしようとするから誤解をする。

「Bitcoin」は、コンピュータが大好きな集団が作り出したお金で、数量が限定されているので、ユーザーが増えれば値が上がるという単純なもので、これが危険だというなら、金やダイヤモンドの取引も危険である。

さらに世界の経済を混乱させているのは、米国のトランプ大統領による政権維持のためのバブル操作による米国株の高騰である。

「Bitcoin」は、もともとユートピア思想で生まれたもので、数人の財産が世界全体の財産に匹敵するような金融界を作り、それらの財産が、ほとんど生かされていない死に金になっていることから、それらを分散化するために登場したようなもので、それまで貧乏であった若者が、ポルシェや家が買えるようにした経緯がある。

そのような若者の中には、無駄金を使わないで、自分の希望する事業の資金にしている。

それがなぜ悪い?

若者が、自分の希望する事業の資金を借りに言って、すぐに貸してくれる金融機関があれば、聞きたい。

韓国で若者が騒いでいるのも、格差社会がそこにある。

それは、「UTOPIA」を執筆したトーマス・モア(Thomas More/1478〜1535)や、それに賛同した当時はドイツの一部であったオランダのエラスムス(Erasmus)思想に似ている。

トーマス・モアは、ヘンリーVIII王(Hery VIII/1491〜1547)によって1535年にギロチンにされたが、現在ではトーマス・モアやエラスムスの方が、ヘンリーVIII王より、よく知られ、歴史に残ってる。

今、仮想通貨を潰そうとしているのは、世界全体の財産に匹敵する数人の財産家で、その財産は歴史的に否定された人たちの財産である。

スイスでは、「Bitcoin」での納税を認める自治体が登場した。
エストニアは国家として電子的な通貨の発行を検討する。

日本は、2017年04月に世界で初めて仮想通貨取引所に登録制を導入し、監督する金融庁が動向を見守る。
麻生太郎金融担当相は12日の記者会見で、「何でもかんでも規制すればいいわけではない。バランスを取りながらやっていく」と話した。

2018-01-17---Bitcoin、US$1万割れで、証拠金取引で損膨張。
2018-01-17---Bitcoinが、Coincheckで100万円割れ?!
2018-01-17---Bitcoinの昨日の続きは、最終的に102万9,555円まで落ちた。
2018-01-14---エジプト。「イスラム教義に反する」として、Bitcoin禁止。
2018-01-14---Bitcoin取引所の方が利益が多い暴落チャートのパラドックス。
2018-01-12---韓国での「仮想通貨取引所の閉鎖」方針に文在寅支持層の若者が大反発!
2018-01-12---麻生金融相、仮想通貨「何でも規制すればいいとは思わない!」
2018-01-11---「メルカリ」、2018年内にも仮想通貨決済を導入。
2018-01-11---韓国法務省、仮想通貨取引禁止法案準備中。
2018-01-11---Bitcoinの適正価格!?
2018-01-10---LINEは、Bitcoinなど仮想通貨の決済導入を検討。
2018-01-10---世界株高が、商品相場に波及し、原油、投資マネー流入で高値沸騰。
2018-01-09---中国IT、株時価総額でサムスン抜く!
2018-01-08---Bitcoinは、値動きを読んでいたのに焦った!
2018-01-07---Bitcoinは、200万円台で安定か?
2016-02-22---9回の理想社会を試みた、最も惨憺たるユートピア。
2016-01-06---ブータン国王夫妻、第1子誕生待つ。
2015-12-26---オランダの都市は、『基本的な収入』を市民に支払う。
2015-12-24---資本主義の終わりが、始まった。
2015-08-21---マララ・ユーザイフの全国統一試験の結果は、驚異的!
2015-08-08---パキスタンのトラック運転手の危険な旅「地獄の道路(Hell's Road)」。
2015-07-22---モデレートされたイスラム教の最高水準成功物語。
2015-05-31---本当の高齢者は、どのように生きた?
2015-03-21---中国のAlipayは、iPhone5sユーザーのための指紋認証を提供。
2014-11-02---中国最大の少数民族Miao村。
2014-01-27---古代の中国の都市平遥古城は花火を禁止。
2014-01-12---中国のシャングリラの火災は240軒の家を破損した。
2014-01-11---チベットの古代の町、シャングリラ(桃源郷)が大火で燃え落ちた。
2013-05-30---中国のスポットライトの中で増加するシャングリラ対話。
2013-03-22---毎日1杯のギリシャコーヒーで寿命が延びる?
2013-01-07---ギリシャの長命の島。
2012-08-15---ネパールのヒマラヤ山脈の旧「隠れた王国ムスタン」
2012-01-01---次世代のリラクゼーション!
2011-10-29---パミール高原山脈でのヤク・ミルクによるもてなし!
2010-04-21---別世界(Another World)
2010-01-24---2010年から2015年に、21世紀の宗教改革が起こる。
2009-09-18---「香格里拉(シャングリラ)」は「茶馬古道」の桃源郷。
2009-09-11---ドイツのアート雑誌「ART」が公開した「Nude Visions 」!
2008-09-14---インド、ラーマーヤナの叙事詩の愛と勇気電子図書館
2008-05-27---神を解明するソフトウェア「宗教改革」登場!?
2006-02-06---Googleが食ってきた無料の昼飯の時間は終わったと指摘した。
2005-10-17---Guardianは、「神はブログで何を書くか?」と問いかけた。
1858-11-17---空想社会主義者ロバート・オーエンが死去した。
1771-05-14---空想社会主義者ロバート・オーエンが生まれた。
1587-00-00---ジャガイモが、ベルギーとドイツに渡った。
1536-05-19---アン・ブーリンにとって夢の結婚であった、ヘンリーVIII王と離婚した。
2018-01-10---東京市場。「株価5年で10倍」でも、バブルと呼ばない!?
2018-01-09---世界銀行、世界経済見通し、2018年の成長率3.1%に上方修正。
2018-01-09---中国IT、株時価総額でサムスン抜く!
2018-01-05---世界中で、株高!
2017-12-22---Bitcoinは、現在袋叩き状態で、bitFlyerが、売りを受け付けない!
2017-12-15---「Bitcoinで、ポルシェを買いたいのですが?」
2017-12-13---オーストラリア中央銀行総裁、Bitcoin人気は「投機熱」と言っ
2017-12-09---エルサレム問題で、北朝鮮が「老いぼれトランプ」
2017-12-08---Bitcoinは、米国市場の機関投資家の資金流入?先物を通じた売り注文の増加?
2017-12-05---トランプ大統領、イスラエルの首都をエルサレムと承認。
2017-09-13---JPMorganのCEO、「Bitcoinは詐欺だ!」で、価格が落ちた!
2017-01-16---世界の富裕層上位8人の資産は、下位506億7500万人の資産額と同額!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告