on-the-time.jp

2018年01月16日

中国の広汽トヨタ、南沙の第3生産ラインが稼働した。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月18日に、日本のトヨタ自動車と広州汽車集団(广州汽车集团/広汽集団)の合弁自動車メーカーで、広州市に本拠を構える広汽豊田汽車(广汽丰田火车/広汽トヨタ)は2018年01月16日に、広州市南沙区にある南沙工場(南沙工厂)で建設を進めていた第3生産ラインが2018年01月16日に稼働したと発表したと報告した。

南沙工場ラインの初期の年産能力は10万台を見込む。市場のニーズを見ながら、将来的に20万台まで拡大する予定で、拡大後の広汽トヨタの年産能力は合計で60万台に達することになる。

南沙工場ラインは設備の集約化が図られており、トヨタの最新技術が導入されている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

溶接ラインには、トヨタが1999年から本格導入した少量生産から大量生産まで幅広く対応できる溶接ラインシステム「GBL(Global Body Line/グローバル・ボデー・ライン)」の最新版を採用しており、自動化率は99%に達する。

私は、これをシャープが、携帯電話で実現できると数年前に言った。

南沙工場ラインは環境保護にも力を入れており、VOC(Volatile Organic Compounds/揮発性有機化合物)の排出量を低く抑えている。
このほか、騒音を低く抑える。
廃水を100%再生利用する
二酸化炭素(CO2)の排出量を極力減らす。
といった対策が取られているほか、太陽光発電システムを設置しており、年間1,000万キロワット時(kWh)の電力供給が可能となっている。これは、組み立てラインと検査ラインの1年間の消費電力に相当するという。

南沙工場ラインの稼働により、南沙区の工業生産額が最高で300億元(約5,160億円)増加する見通しで、広汽トヨタの生産総額は800億元を超えるとみられている。

広汽トヨタは2017年に新車44万2,380台を売り上げ、年間目標の43万5,000台を達成した。2018年の新車販売台数は50万台の大台に乗ると見込まれている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。