gaYa広告

2018年01月18日

2015〜17年は、史上最も暑い3年間。

自然

この寒い時に、熱い話!

AFPは2018年01月19日に、UN(United Nation/国連)のWMO(World Meteorological Organization/世界気象機関)は2018年01月18日に、2015〜17年は観測史上最も暑い3年間だったと発表したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

WMOは、NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration/米国海洋大気局)、NASA( National Aeronautics and Space Administration/米国航空宇宙局)、UKMO(United Kingdom Met Office/UK Met Office/Met Office/イギリス気象庁)、ECMWF(European Centre for Medium-Range Weather Forecasts/欧州中期気象予報センター)、JMA(Japan Meteorological Agency/日本の気象庁)の主要5機関からのデータを統合した結果として、2017年の地球表面の平均気温は産業革命前と比べ1.1度高かったと発表した。

2017年の平均気温は16年の史上最高記録を破ることはなかったものの、エルニーニョ(El Nino)現象が起きなかった年としては2015年をわずかに上回り史上最高を更新。WHOは「2015年、2016年、2017年は観測史上最も暖かい3年間だったことが確認された」と述べている。

WMOのペッテリ・ターラス(Petteri Taalas)事務局長は「個別の年のランキングよりも気温の長期的傾向の方がはるかに重要であり、長期的に気温は上昇傾向にある」と述べた。

21世紀の気温は観測史上最高水準となっており、年平均気温の上位18位のうち17が今世紀の年となっている。

WMOはまた、気象・気候関連の災害が激化していると指摘した。

2017年には米国で自然災害の被害が史上最悪規模に上ったほか、各国がサイクロンや洪水、干ばつに見舞われた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。