2018-01-15

三菱自動車、EV普及へベトナム商工省と共同研究。

未来経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月16日に、三菱自動車は2018年01月15日に、ベトナムでEV(Electric Vehicle/電気自動車)の普及拡大に向けた覚書をベトナムMOIT(Ministry of Industry and Trade/Bộ kế hoạch và đầu tư/商工省)と締結したと報告した。

商工省と協力して効率的なEV利用、政策やインセンティブに関する共同研究を行う。

2018年01月15日にハノイで開かれた締結式典では、プラグインHEV(Hybrid Electric Vehicle/ハイブリッドEV)「アウトランダーPHEV」1台と急速充電機1台が引き渡された。チャン・トゥアン・アイン(Tran Tuan Anh)商工相は、「共同研究は、低炭素社会への移行を促進するための非常に重要なマイルストーン」と語った。

三菱自はベトナム以外に、フィリピン、インドネシアの両国と電動車の普及拡大に関する覚書を締結し、フィリピンでは既に共同研究をスタートさせている。

東南アジアでは、多くの国が日本の自動車会社と提携し、自動車を作り始めているが、ベトアムは視点を未来においた。

2017-11-20---三菱モーターズ、ベトナムでEV初納入!

Related Dates