gaYa広告

2018年01月14日

人材育成や真贋判定で、ヤンゴンに宝石研究所が開所。

研究調査教育自然

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月16日に、ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times)は、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで2018年01月14日日曜日に、GIM(Gemological Institute if Myanmar/ミャンマー宝石研究所/Myanmar jewel research center)が、ヤンゴン中心部の複合施設「ジャンクション・シティー(Junction City Tower, Yangon)」内で開所したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

講座では宝石のデザイン、管理、写真撮影の方法などを、退職した教授や国内外の専門家、MGJEA(Myanmar Gems and Jewellery Entrepreneurs Association/ミャンマー宝石事業者協会)会員が教える。

宝石の基礎、ダイヤモンド、色石(カラードストーン)に関する1カ月の講座も設け、修了証の取得コースに進めるようにする。

講座の質は、英米の学会の講座にも引けを取らないという。

試験所ではルビー、サファイア、エメラルド、ダイヤモンドの真贋判定や、等級付けも行う。国産宝石に関する情報発信から研究活動、採掘場所の調査まで幅広く行う。

研究所はヤンゴン中心部の複合施設「ジャンクション・シティー」内に開設。15日開かれた式典には、オン・ウィンMONREC(Ministry of Natural Resources and Environmental Conservation/DGSE/Department of Geological Survey and Mineral Exploration資源・環境保護省)相、ヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相(U Phyo Min Thein, Chief Minister of the Yangon Region Government)らが出席した。

2018-01-05---来週からヤンゴン宝飾品展示会開催、加工品販促!
2017-12-17---ミャンマーの伝統工芸品張り子細工、日本に輸出へ!
2016-10-20---ミャンマーで、全長5.8mの巨大なヒスイの原石発見。
2016-09-25---日本鉱物科学会は、ひすいを「日本の石(国石)」に選定した。
2016-05-24---また、ミャンマーのひすい採掘場で土砂崩れ!
2015-11-21---金より高いひすい採掘地で地滑り、少なくとも90人死亡。
2015-10-30---またまた話題になったミャンマー北部カチンの宝玉。
2014-07-14---金よりも貴重だった、密輸された石。
2013-09-29---ビルマのミステリー、US$80億の硬玉。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告