gaYa広告

2018年01月12日

F35Bを艦載できる強襲艦「ワスプ」佐世保に到着へ!

戦争と平和

日刊工業新聞は2018年01月13日に、在日米海軍は2018年01月12日に、強襲揚陸艦「ワスプ」(Wasp-class amphibious assault ship/約4万トン、全長約253m)が近く佐世保基地(長崎県佐世保市)に到着すると発表したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

「ワスプ」は短距離離陸・垂直着陸できる海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを艦載できるよう改修されており、山口県岩国市の岩国基地に配備されている同機の運用範囲が広がる。

ワスプ配備は北朝鮮や、東シナ海の沖縄県尖閣諸島海域、南シナ海で活動を活発化させる中国海軍をけん制する狙いもあるとみられる。

「ワスプ」は海兵隊員約1600人を運ぶことが可能で、在沖縄海兵隊と連携して運用される。

悪評の輸送機オスプレイも搭載できる。

佐世保基地に到着後、佐世保基地に配備されている強襲揚陸艦「ボノム・リシャール(USS Bonhomme Richard, LHD-6)」と交代する。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト