2018年01月12日

駐オーストラリア米国大使が1年半空席で、格下げ?

政治

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月12日に、駐オーストラリア米国大使はジョン・ベリー(John Perry)前大使が帰任してから16カ月間にわたって、駐オーストラリア米国大使が一向に決まらないことから、空席となっている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ティム・フィッシャー(Timothy Fischer)元副首相は、米国がオーストラリアを「格下げ(downgrades)」していることの表れだと主張していると報告した。

2016年09月にベリー前米国大使が帰任して以来、ジェームズ・カルーソ(James Caruso)公使が大使代理を務めている。ティム・フィッシャー元副首相は2018年01月09日に、フェアファクス・メディアス(Fairfax Media)に対し、米国が駐オーストラリア大使の決定を遅らせているのは、両国関係の悪化を反映していると指摘した。「外交的な侮辱の一歩手前だ」とし、「われわれは格下げされている。優先度は低い」と述べた。

これについて野党労働党のタニヤ・プリバーセク(Tanya Plibersek)副党首は、オーストラリアが米政権にとって重要度が低いとすれば「非常に残念なことだ」と述べた上で、マルコム・ターンブル (Malcolm Bligh Turnbull)政権による他の主要な貿易相手国の扱いについて批判。中国政府との関係悪化に加え、外相がニュージーランド政府を口撃したことを挙げた。

一方、駐英オーストラリア大使のアレクサンダー・ダウナー(Alexander Downer)元外相が米国大統領選でロシアが果たした役割についてFBI(Federal Bureau of Investigation/米国連邦捜査局)の調査に協力したと米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が報じたことについて、マルコム・ターンブル首相はトランプ米大統領との関係が悪化する懸念はないと述べている。

プライドの問題である。

しかし、ハリウッドの映画では、オーストラリアから来ると、田舎者になっている。

でも、私にとっては。アメリカとオーストラリアは、同格である。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト