gaYa広告

2018年01月12日

韓国での「仮想通貨取引所の閉鎖」方針に文在寅支持層の若者が大反発!

モバイル・マネー

毎日新聞、日本経済新聞 電子版は2018年01月12日に、韓国政府が仮想通貨投資ブームの過熱や犯罪への利用を警戒する一方、仮想通貨保有者には20〜30代の若者が多く、彼らが、文在寅(문재인/Moon Jae-In/ムン・ジェイン)政権の主要な支持層と重なっていることから、仮想通貨を巡り、いったんは取引所の閉鎖方針を出したものの韓国政府の対応が右往左往していると報告した。

朴相基(パク・サンギ)法相(박상기 법무, 선긋기)が2018年01月11日午前、「仮想通貨取引所の閉鎖を目標とする『仮想通貨取引禁止特別法』を準備している」と明らかにしたことで、反発した市民が大統領府のサイトに閉鎖に反対する請願を相次いで送付した。韓国紙によると2018年01月11日午後には6万件以上が集まったという。

大統領府ホームページの掲示板には、「庶民の夢をぶちこわすのか!」と言った政府の規制に反対する書き込みが殺到し、その数は11万人に達した。
熱狂を支えるのが20〜30歳代の投資家で、文在寅(ムン・ジェイン)政権の支持層とも重なる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

市場も動揺し、取引所大手アップビットによると、2018年01月11日のビットコイン価格は前日比で1割近く下落した。2018年01月12日はいくぶん持ち直した。

慌てた大統領府は2018年01月11日夕に「朴法相の発言は確定したものではなく、今後の各省庁間の議論を経たうえで最終決定される」とのコメントを出し、金東兗(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政相は2018年01月12日に、「まだ省庁間で協議をしている段階だ。」取引所閉鎖の政府方針を正式に決めたわけではないと釈明し、騒動の鎮静化を図った。

大統領府のサイトには12日も「廃止は旧時代の発想だ」などの請願が寄せられ続けている。

仮想通貨取引所については、日本は昨年から金融庁の審査を受けて登録する形で、存続する方向で進めているが、中国は昨年秋に取引所を通じた売買を停止するなど各国で対応が分かれている。

仮想通貨バブルがはじければ、韓国社会は不安定になる。韓国の取引所はセキュリティーが脆弱で、北朝鮮によるハッキングも続いた。規制強化は待ったなしだが、若年層に不人気な政策を強行すれば、支持率は低下しかねない。文政権は新たなジレンマを抱えた。

正しい情報と方針を理解しないで発言した朴相基法相を更迭でもしない限り、文在寅政権に未来はない!

韓国政府は2017年12月、仮想通貨の取引を実名の口座でしか認めないといった規制を発表した。

そこにも取引所閉鎖の「検討」は盛りこまれていた。

ロイター通信によると、2018年01月10日に韓国国内2位の仮想通貨取引所のビッサム(Bithumb)、2018年01月11日に韓国国内のコインワン(Coin One)に税務調査が入っている。脱税の疑いがあるという。

2018年01月11日は国税当局による仮想取引所大手ビットサムとへコインワンの税務調査も重なり、投資家は政府が取引所の閉鎖へ本腰を入れたと受け止めた。

若者が取引所の閉鎖に猛反発する背景には、社会の格差拡大がある。都心の不動産は急騰し、ソウルでは10億ウォン(約1億円)を超えるマンションはざらだ。高騰前に購入した中高年世代の資産価値が増える一方、若者層に持ち家は高根の花。「金のさじ」をくわえて生まれてきた富裕層と比べて卑下する「土のさじ」という流行語がすっかり定着した。

ソウル大学の郭錦珠(クァク・グムジュ)教授は「土のさじから抜け出す突破口として注目が集まったのが仮想通貨取引だ」と分析する。韓国のBitcoin相場は米国などと比べて2割も高い。

2018-01-12---麻生金融相、仮想通貨「何でも規制すればいいとは思わない!」
2018-01-11---韓国法務省、仮想通貨取引禁止法案準備中。
2018-01-08---Bitcoinは、値動きを読んでいたのに焦った!
2017-09-25---上海の仮想通貨取引プラットフォームの幹部ら上海から離れられず!
2017-09-19---中国情報で、Bitcoinの大暴落から5日目!
2017-09-17---資本流出防止へ強硬策として、中国がBitcoinから降りたということは、
2017-09-16---中国、資本流出防止へ強硬策として、仮想通貨の3大取引所を閉鎖!
2017-09-15---わ〜、わ〜、どこまで落ちる。
2017-09-14---中国最大のBitcoin取引所は、 9月末で全取引業務の停止を発表!
2017-09-14---昨日予測したように、Bitcoinは一気に30万円台に突入!
2017-09-12---Bitcoinの暴落原因が特定され、安定して上昇開始。
2017-09-11---中国は、一時的に全てのバーチャル通貨の商業用交換を閉じた。
2017-09-11---Bitcoin急落の原因は、また中国。
2017-09-10---再度。仮想通貨全面安!
2017-09-09---今朝、Bitcoinが少し揺れたが、再び戻り始めた。
2017-09-07---Bitcoinは、US$1,000落ちても、誰も気にしない世界!
2017-09-05---Bitcoinは急落後、回復し始めた。
2017-09-04---仮想通貨Bitcoin以外、全て10%以上の大暴落!
2017-09-04---中国のICO全面禁止、仮想通貨下落。
2017-09-03---今日もBitcoinは、忙しい!
2017-09-02---続伸の続いたBitcoin、急ブレーキ!
2017-09-01---日本人主導の「ICO」、手探りで始動。
2017-01-24---Bitcoine資金流出で中国当局規制強化、Bitcoine相場が急落!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告