gaYa広告

2018年01月13日

式守伊之助を3場所出場停止後の夏場所後にセクハラ辞職。

性とメディアスポーツ犯罪と裁判

毎日新聞は2018年01月13日に、日本相撲協会は2018年01月13日に、東京の両国国技館で臨時理事会を開き、冬巡業中に若手行司にセクハラ行為をした現役最高位の立行司、58歳の第40代式守伊之助(本名・野内五雄、宮城野部屋)に3場所出場停止の懲戒処分を科すことを決めたと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

協会は、第40代式守伊之助が2018年01月12日に申し出た辞職を、処分明けの5月の夏場所後に認める。
第40代式守伊之助は今後、土俵に上がらないまま角界を去る。

出場停止は7種類ある懲罰規定のなかで、けん責、報酬減額に次いで3番目に軽い。
第40代式守伊之助は処分期間中、自宅謹慎で無報酬。

協会は、部屋の師匠の元前頭・竹葉山の宮城野親方と、冬巡業の責任者だった元関脇・栃乃和歌の春日野広報部長を厳重注意とした。元横綱・北勝海の八角理事長は「(元横綱・日馬富士の)暴力問題に続き不祥事があり、誠に申し訳ない。」と謝罪した。

なぜ。即日懲戒解雇ではないのか?
性犯罪を相撲界は容認しているのか?
元横綱・北勝海の八角理事長の処分はないのか?
中途半端!

これでは、相撲の評判は落ちる!

理事に、相撲を沸かせた小錦、武蔵丸などを就任させるべきだろう。

弱くなった日本人力士から、理事を選ぶから、相撲の改革が進まない。

2018-01-05---立行司の式守伊之助、泥酔、若手行司にセクハラ。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト