2018年01月12日

インドの空港で、滑走路近くにウシ侵入し、数便が目的地変更!

自然

AFPは2018年01月13日に、インド西部グジャラート(Gujarat)州アーメダバード(Ahmedabad)のサルダール・ ヴァッラブバーイー・パテール国際空港(સરદાર વલ્લભભાઈ પટેલ આંતરરાષ્ટ્રીય વિમાનમથક/Sardar Vallabhbhai Patel International Airport)で、滑走路にウシ1頭が侵入し、複数の便が目的地の変更を余儀なくされたと、インド当局は事故について2018年01月12日に、過失が原因の可能性もある発表したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ウシは空港の貨物ゲートの警備を通り抜け、滑走路に接近し、警備員らとの追跡劇となった。

1人の操縦士がこのウシを視認したことを受けて、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビからの1便と貨物機1機がムンバイ(Mumbai)への目的地変更を余儀なくされた他、国内線5便の到着と複数の出発便に遅れが出た。

航空当局筋によると、空港の警備員と消防担当者が90分以上掛けてようやくウシを滑走路から追い払ったという。

アーメダバードの国際空港を含めインドの空港ではこれまでにも動物によるトラブルが複数件、発生している。

アーメダバードでは2017年02月に、滑走路に複数匹のウサギが侵入し、出発便に遅れが出た。

2016年には、滑走路に複数のサルが侵入し、チェンナイ(Chennai)行きの便が離陸を中止した。

また2014年には、離陸直前の機体が滑走路に迷い込んでいた水牛とぶつかる事故も起きている。

Mad Cow Jonathan wanna go to Heaven!?

私の昔、ネパールで、背中に悪寒を感じ、左に1mほど移動したら、牛が暴走してきた!
、左に1mほど移動しなかったら、角で背中を襲われた。

サルダール・ ヴァッラブバーイー・パテール国際空港(સરદાર વલ્લભભાઈ પટેલ આંતરરાષ્ટ્રીય વિમાનમથક/Sardar Vallabhbhai Patel International Airport)の緯度、経度
23°04'38.0"N 72°38'05.0"E
または、
23.077222, 72.634722

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。