on-the-time.jp

2018年01月12日

麻生金融相、仮想通貨「何でも規制すればいいとは思わない!」

モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は2018年01月12日に、麻生太郎財務・金融相は2018年01月12日午前の閣議後の記者会見で、価格の乱高下が続くBitcoinなどの仮想通貨に関し「何でもかんでも規制すればいいとは思わない」と語ったと報告した。

「利用者保護とイノベーションのバランスを注意しながらやっていかなければいけない」と述べ、当面は状況を見極める姿勢を示した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中国や韓国など一部の国で規制強化の動きがあることについて「他国のことに関してはどうのこうのというつもりはない」と説明した。

そのうえで「仮想通貨がどうなっていくかはまだ意見の分かれるところだ。我々としては市場がどういったものに大きく化けていくのか、(既存の)通貨に代わる制度か、どうかはまだ見えてきていない」と語った。

中国のような鶴の一声政治だけは、断りたい。

仮想通貨のモバイル・マネー賛同企業の登場は激しくなり、これまでのモバイル・マネーにはなかった現象が起こってる。

さらに多くのまったく新しいビジネスまで登場し、どんどん進化している。

これまでに、こんな面白い金融商品はなかった!

日本でカジノが始まれば、仮想通貨はさらに新しく進化する。

日本が作る本当の未来のお金は、世界が度肝を抜かれる!

日本中が金持ちになるプラン!

2018-01-11---「メルカリ」、2018年内にも仮想通貨決済を導入。
2017-12-20---bitFlyerは、輸入中古車専門店でBitcoinの1億円決済サービス提供!
2017-12-15---「Bitcoinで、ポルシェを買いたいのですが?」
2017-12-13---bitFlyer、ビックカメラ・ドットコムへのBitcoin決済提供。
2017-12-11---Bitcoinの大半が個人の投機で、取引シェアは日本4割!
2017-12-08---「Ethereum」の世界で生まれたバーチャル猫アプリ、人気大爆発。
2017-11-30---bitFlyer、POSレジでのBitcoin決済サービス開始。
2017-10-18---世界で初めて、イタリアのオークションがBitcoinでビットできる。
2017-09-23---H.I.S.が、Bitcoin決済を開始。
2017-08-07---丸井グループでBitcoin決済サービス提供開始!
2017-07-26---Bitcoineの混乱時!ビックカメラはBitcoine決済サービス、全店舗に拡大!
2017-07-11---日本の小売大手ビック・カメラは、Bitcoinを全国採用。
2017-05-02---日本にも仮想通貨時代がやってきた!
2017-01-07---Bitcoinvs銀行。さらに国境と国。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。