gaYa広告

1591年01月12日

スペインの画家ホセ・デ・リベーラが生まれた。

人物アート

ArtDailyは2018年01月12日に、スペイン明暗対比画法のバロック期のスペインの画家で版画制作者であったホセ・デ・リベーラ(José de Ribera)、またはジョゼップ・デ・リベラ(Josep de Ribera/1591 - 1652)は1591年01月12日に、スペインのシャティバ(Játiva/Xàtiva)で生まれた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

また、1652年09月02日に、イタリアのナポリで死んだ時は、ジュゼッペ・リベーラ(Giuseppe Ribera)として知られている。

ホセ・デ・リベーラは、若い頃にイタリアに移転し、生涯の大半をスペイン副王の支配下にあったナポリで過ごして、ついに母国に帰ることはなかった。

彼は、また、彼の同時代人、早い時代からの作家にローロスパニョレット(Lo Spagnoletto/小さなスペイン人)と呼ばれていた。

彼の円熟した作品すべてはイタリアで描かれたけれども、ホセ・デ・リベーラは、スペインの学校の主要な画家であった。

この当時、本をイタリアで出版する時は、スペイン王の許可が必要であった。

今回公開された絵は、ホセ・デ・リベーラによる1632年頃のあまり有名では無い作品でセント・ジェームズ(Saint James)である。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。