gaYa広告

1591年01月12日

スペインの画家ホセ・デ・リベーラが生まれた。

人物アート

ArtDailyは2018年01月12日に、スペイン明暗対比画法のバロック期のスペインの画家で版画制作者であったホセ・デ・リベーラ(José de Ribera)、またはジョゼップ・デ・リベラ(Josep de Ribera/1591 - 1652)は1591年01月12日に、スペインのシャティバ(Játiva/Xàtiva)で生まれたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

また、1652年09月02日に、イタリアのナポリで死んだ時は、ジュゼッペ・リベーラ(Giuseppe Ribera)として知られている。

ホセ・デ・リベーラは、若い頃にイタリアに移転し、生涯の大半をスペイン副王の支配下にあったナポリで過ごして、ついに母国に帰ることはなかった。

彼は、また、彼の同時代人、早い時代からの作家にローロスパニョレット(Lo Spagnoletto/小さなスペイン人)と呼ばれていた。

彼の円熟した作品すべてはイタリアで描かれたけれども、ホセ・デ・リベーラは、スペインの学校の主要な画家であった。

この当時、本をイタリアで出版する時は、スペイン王の許可が必要であった。

今回公開された絵は、ホセ・デ・リベーラによる1632年頃のあまり有名では無い作品でセント・ジェームズ(Saint James)である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト