2018年01月06日

台湾の中小企業賃上げ奨励!税制優遇措置3年に延長!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月08日に、中央通信社が2018年01月06日に、台湾経済部(経済産業省)中小企業処は、中小企業の従業員給与の引き上げに関する税制面での優遇措置を定めた「中小企業員工加薪薪資費用加成減除弁法」の修正案を明らかにし、税制優上の優遇措置が受けられる期間を現行の2年から3年へと延長すると伝えたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

「中小企業員工加薪薪資費用加成減除弁法」は、行政院主計総処が毎月発表する失業率が過去6カ月連続で一定水準を超えた場合に適用される。

中小企業が従業員の経常性賃金(基本給に手当を加算した賃金)を引き上げた場合、2年間にわたり関連費用の30%を上乗せした額を営利事業所得税(営所税)の課税対象額から控除することが認められる。

経済部は、同弁法の優遇措置期間を2016年01月01日から17年12月31日までとしたほか、適用条件として定める失業率について、2016年01〜06月の平均値が3.78%を上回ることとする公告を2017年08月に出していた。

今回の修正案では、優遇措置期間の延長に加え、適用条件を平均失業率に代わり行政院国家発展委員会(国発会)が毎月発表する景気信号とした。

経済部は、失業率は刻々と変化する景気状況を反映できていないとして、制度をよりフレキシブルに運用するため、国発会の景気信号を採用すると説明している。

経済部は、予告日の翌日から60日間、「中小企業員工加薪薪資費用加成減

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。