on-the-time.jp

2018年01月08日

中国の自動車リコール、2017年に初の2千万台突破!

犯罪と裁判

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月08日に、質検総局(质检总局/中華人民共和国国家質量監督検験検疫総局/中国国家品質監督検査検疫総局)によると、2017年に実施された自動車のリコール(回収・無償修理)は251回、対象車は計2,004万8,000台に上った。リコール(汽车招回)台数は前年比77%の大幅増となり、初めて2,000万台を超えた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

内訳は国産車が106回、1,823万7,000台、輸入車が145回、181万1,000台だった。

リコール理由の不具合箇所で最も多かったのはエアバッグ・シートベルトで、全体の53.1%に当たる1,063万8,000台に上った。以下は◇エンジン:409万6,000台(全体の20.4%)◇ステアリング:175万7,000台(同8.8%)◇電気設備:165万5,000台(8.3%)◇車体:80万5,000台(4.0%)——と続いた。

このうち、タカタ製エアバッグによるリコールは、自動車メーカー29社から計36回、987万台の届出があった。17年のリコール全体の49.2%を占めた計算。前年までの届出も含めると、同問題によるリコールは累計で38社、126回、1,951万6,000台に上っている。

中国では消費者の権利意識の高まりに加え、リコール関連の法整備が進んだことや政府による企業への圧力が強まっていることなどを背景に、リコールの届出が年々大幅に増加している。自動車のリコールは15年が558万6,000台、16年が1,133万5,000台、17年が2,004万8,000台で、中国は自動車のリコール規模で米国に次ぐ世界2位となっている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト