on-the-time.jp

2018年01月06日

仮想通貨ファンドが世界で急増。

モバイル・マネー研究調査経済人物

日本経済新聞 電子版は2018年01月06日に、仮想通貨(Virtual currency)に投資するファンドが世界で急増している。

2017年末時点で175本に達し、2016年末に比べて約5倍に増えた。
代表的な仮想通貨Bitcoinの価格は2017年の年初から一時約20倍の水準まで急騰した。

仮想通貨投資のニーズが高まっており、株や債券と同じような形で複数の仮想通貨に分散投資できるファンドに富裕層などの資金が流入している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ビットコインなどは個人も自由に売買できる。

もっとも世界で1千種類を超える仮想通貨の中から有望なものを選別するには専門知識や経験が欠かせない。

仮想通貨ファンドはプロの運用者に投資を委ね、複数の仮想通貨にリスクを分散して運用したいと考える投資家の需要をつかんでいる。

イギリス金融調査会社オートノマス・リサーチ(Autonomous Research)によると、2017年12月末時点の仮想通貨ファンドは世界で175本。運用資産の総額は推計でUS$32億5000万(約3700億円)に達した。その大半が富裕層の資金とみられる。

全体の約3割は米国の「BKCMデジタル・アセット・ファンド(BKCM Digital asset Found)」のように仮想通貨を売買して収益を稼ぐファンドである。ドイツの「ロゴスファンド(Logos Found」は仮想通貨の売買に加え、仮想通貨の取引を承認・記録して手数料を得るマイニング(採掘)事業も手掛ける。シンガポールの「BBファンド(BB Found)」は有望な仮想通貨技術を持つ企業に投資する。

ヘッジファンドの一種である仮想通貨ファンドの多くは、資金の受け入れを富裕層や機関投資家に限定している。ただ米国では現在、仮想通貨のETF(Exchange Traded Fund/上場投資信託)の上場を目指す動きが相次いでおり、オートノマスは2018年に仮想通貨のETFが5本程度上場すると予想する。誰でも購入できるETFが登場すれば、一般の個人にとって仮想通貨への分散投資がより身近になることだろう。

ここにきて、仮想通貨の進化はすさまじくなってきている。

2017年10月13日にBitcoinは、高額限度がないことから、午前09時45分に、Coincheckで、10bitcoin以上の売り注文と買い注文を見てきた。
なんと、約7,082Bitcoins、金額にして約52億8,315万円の売りが明らかになった。

2017-12-18---米国のCME、Bitcoin先物取引、開始。
2017-12-11---Bitcoin先物、米国で上場!急騰で取引一時中断。
2017-12-08---「Ethereum」の世界で生まれたバーチャル猫アプリ、人気大爆発。
2018-01-04---自作パソコンで、仮想通貨の「マイニング(mining/採掘)」に参入。
2017-10-13---Bitcoinの売却価格が60万円を突破!

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告