2018年01月05日

男性を拉致し、銃突き付けて結婚を強制したとして、捜査。

性とメディア犯罪と裁判

AFPは2018年01月05日に、インド東部ビハール(Bihar)州で、エンジニアの若い男性が拉致され、銃を突き付けられた状態で強制的に結婚させられたとして、警察が捜査を開始したと報告した。

この事件は、被害者のビノッド・クマール(Vinod Kumar)が花嫁側の家族に手荒く扱われ、無理やり晴れ着を着せられる動画がソーシャルメディアに出回り発覚した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

動画では、解放してくれと懇願するクマールに対し、「おまえの結婚式をしてやろうというだけだ、何もつるし上げようというわけじゃない。」などと叫ぶ男の声も確認できる。また別の動画では、花嫁の横に座りながら泣くクマール
を、花嫁の親族とみられる女性が慰める様子も撮影されている。

地元メディアによると、クマールは花嫁の親族の1人と共通の友人の結婚式で会い、銃で脅されて女性と結婚するよう命令されたと話している。

事件後、クマールは何とか逃げ出し、自宅に帰ったという。

ビハール州はインドで最も貧しい州の一つとされ、同州と周辺地域では結婚時に支払いを期待される持参金が支払えない貧しい家庭の出身者が強制的に結婚させられる風習があると伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。