on-the-time.jp

2018-01-05

オーストラリア政府、医療用大麻の輸出を解禁。

経済健康美容と医学の科学

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年01月05日に、オーストラリア連邦政府は4日、国内市場では厳しい規制が敷かれている一方、医療用大麻の輸出を解禁したと報告した。

オーストラリアの新聞「オーストラリアン(The Australian)」は、医療用大麻の需要は世界中で高まっており、輸出解禁は国内の業界にとって大きな成長の機会となるとみられていると伝えた。

[AD] You can advertise on this site.

オーストラリアでは関連企業数社がASX(Australian Securities Exchange Limited/Australian Stock Exchange/オーストラリア証券取引所)に上場を果たしている一方、医療用大麻の栽培や使用に関する厳しい規制が成長の妨げとなっており、国内各社は輸入品との競争に苦戦していた。

医療用大麻の栽培や使用に関する厳しい規制はあるが、栽培はライセンス方式で許可していたのだろう。

しかし、矛盾する。

そういえば、カリフォルニアで農業を営んでいる日系人の作る当麻の質が良いと聞いたことがある。

もし、日本でこのようなことが許可されたら、日本の農業技術は物凄いので、農家は最高品質の医療用大麻を作ることだろう。

そして、日本の株式市場に、数社が上場することだろう。
日本の製薬会社も参入することだろう。

「medical-cannabis, Japan Made ?」

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE