on-the-time.jp

2017年12月18日

シンガポールのGrabは、フィリピンのm-paymentを押す計画。

モバイル・マネー観光

Mobile World Liveは2017年12月18日に、シンガポールのタクシー予約会社Grabは、2018年の前半にそのデジタル支払いプラットフォームGrabPayをフィリピンで乗り出させることを計画し、e-ライセンスを取得することについて、フィリピンの国の中央銀行で議論されていると報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フィリピンのビジネスワールド(BusinessWorld)のレポートによれば、Grabフィリピンの公務マネジャーレオ・エマニュエル・ゴンザレス(Grab Philippines public affairs manager Leo Emmanuel Gonzales)は、2018年第1四半期または第2四半期に、小売りの購入品のためのデジタル支払いアプリとしてGrabPayを広げることを計画していると、報告された。

会社は、現在のサービスGrabPayクレジットとその報酬システムGrabRewardsの代わりに、モバイル支払いサービスを提供する。

Grabは、2017年08月に最初のモバイルの支払いスペースのゴールに動いた後に、その最初のステップをより広いにP2P(peer-to-peer/ピアツーピア)資金転送サービスを広げ、2017年11月にGrabPayに、店とレストランの支払い機能をシンガポールで乗り出させた。

それはアジアのモバイル支払い会社との多くの取引にもサインした。

Grabは東南アジア全体で6,300万人のユーザーがいる。

支払い会社への動きは、それが、中国に本部を置いた WeChat支払いを操作するm-commerce会社Tencentおよび蟻金融(Ant Financial)のAlipayに匹敵することを見ることについて、彼らが、それらの国内市場を越えて拡大することに努める。WeChat支払いは6億人、Alipay8億人に使われている。

11月に、GrabのライバルUberは、東南アジアのm-payment会社との最初の取引として、ベトナムのモモ財布(MoMo wallet in Vietnam)を通して支払い取引を認める。

2017-12-12---シンガポールの配車グラブ(Grab)、年明けからマンダレーでバイク配車。
2017-12-12---シンガポールの「ブルーSG」、EVカーシェアを開始。
2017-12-08---シンガポールのTaxiコンフォートデルグロ、米国のUberと提携。
2017-11-29---Uberが、ベトナムのモバイル財布MoMoと提携。
2017-11-20---シンガポールでQRコード決済システムの共通の仕様策定。
2017-11-06---シンガポールの配車グラブ(Grab)、東南アで乗車件数10億件達成!
2017-10-16---シンガポールの配車グラブ、ハローキティでプロモーション!
2017-10-02---Uber、シンガポールで待機料金制度を導入。
2017-08-30---シンガポールのグラブ、個人間送金サービスの試験運用開始。
2017-04-03---Grabは、インドネシアのe-ペイメントの新興会社Kudoを取得。
2015-12-10---GrabTaxiは、来年Singtelのm-財布を受け入れる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告